【今日の一冊】全解説 英語革命2020

レビュー

2020年度、大学入試制度が大きく変わる。大学入試センター試験が廃止され、新たに「大学入学共通テスト」が実施されることになった。なかでも「戦後最大の改革」と言われる英語について、どこがどう変わるのか、そしてどう学べばいいのかを仔細に解説しているのが本書だ。
改革の肝は、従来のリーディングとリスニングのみの2技能試験にスピーキングとライティングが加わって4技能試験になることと、英検などの民間検定試験が導入されることだ。本書の主な想定読者は、新制度の大学入試に臨む高校生やその保護者、英語教育関係者だが、大学入試を直近に控えていない人にとっても、ぜひ知っておきたい内容だ。世界標準から乖離したガラパゴスな大学入試が変われば、中学・高校はもちろん、小学校の英語教育にも自ずと影響が及ぶ。著者いわく、この改革は「日本の英語教育をひっくり返す大きな出来事」になるという。既に試験改革を進めている大学や、独自の英語教育を実施する中高一貫校の取り組み事例も紹介され、新試験を前に、世間では変化が始まっていることも分かる。
東進ハイスクールのカリスマ英語教師として知られる著者は、文科省の審議会委員として、この改革に大きく寄与してきた。改革の旗振り役として全国を回り、数多くの先生たちと向き合ってきたからこそ、机上の空論ではない、教育現場の実情に即した改革を実行することができたのだ。著者だからこそ書ける一冊だといえるだろう。

本書の要点

・大学入試制度が2020年度から大きく変わる。「読む・聞く・書く・話す」をすべて評価する4技能化と、英検などの民間検定試験の導入が大きな柱だ。
・2技能に偏重している日本の英語教育は、世界基準にはほど遠い。入試問題が中学高校の指導要領と乖離しているのも問題だ。入試を変えることで英語教育全体を変えることができる。
・英語教育の4技能化を進めるにあたり、先生たちが英語の達人である必要はない。発話の敷居を下げることが、英語の先生にとって重要な仕事だ。



全解説 英語革命2020
安河内哲也 (文藝春秋)

flier(フライヤー)で続きを読む<AD>