【今日の一冊】ファイナンス思考

レビュー

いま、多くの日本企業が「PL脳」という病魔に侵されているという。「PL脳」とは、目先の売上や利益を最大化することを目的視する、短絡的な思考態度を指す。「売上や利益を引き上げることこそが経営の目的」。この主張は、一見するとそれらしく聞こえるかもしれない。しかし、これが行き過ぎた挙句、「目先の損益計算書(PL)の数字が整えばそれでよし」という思考が蔓延してしまっている。「PL脳」は日本社会に深く根差しているため、大きな構想を描き積極的に投資をするという、ダイナミックな企業活動の足かせとなってきた。
著者は、「PL脳」から抜け出すための新たなパラダイムとして、「ファイナンス思考」を打ち出す。ここでいうファイナンスとは、狭義の資金調達活動にとどまらない。他社が真似できない製品やサービスを提供したり、社会の問題解決に寄与したりする。そうした自社の価値創造を支えるあらゆる活動を、お金という指標を使って、長期的スパンで最適にコントロールしようとする発想のことである。
多くの読者が気づかれたであろう、それは企業活動の基本ではないかと。しかし、この基本さえ忘却させてしまうのが「PL脳」の怖さだ。日本企業が再び飛躍するためには、一人でも多くのビジネスパーソンがこの呪縛から解き放たれる必要があるのではないか。
不確実な時代を切り拓く新たなパラダイム「ファイナンス思考」。経営者だけでなく、あらゆる職種の方にとって不可欠な基礎教養であることはまちがいない。

本書の要点

・日本企業には、会社の価値向上ではなく、目先のPLの指標である売上や利益の最大化を目的視する、短絡的な思考態度が根づいている。これが、「PL脳」の呪縛である。
・経営者は、長期的な目線に立って事業や財務に関する戦略を総合的に組み立て、会社の企業価値を最大限高めなければならない。
・そのためには、価値志向、長期志向、未来志向を特徴とする「ファイナンス思考」を取り入れ、「PL脳」から脱却することが求められている。



ファイナンス思考
朝倉祐介 (ダイヤモンド社)

flier(フライヤー)で続きを読む<AD>