【今日の一冊】 前祝いの法則


前祝いの法則
ひすいこたろう,大嶋 啓介 (フォレスト出版)


レビュー

叶えたい夢があるとき、あなたはどういう行動に出るだろうか。たとえば、結婚を前提とした恋人がほしいと思ったとする。そんなとき、きっとあなたは“自分磨き”に勤しんだり、友人に「素敵な人を紹介してほしい」と頼んだりするのではないだろうか。
本書では、夢を叶える方法として「予祝(よしゅく)」が紹介される。予祝とは、昔から日本人に親しまれてきた引き寄せの方法で、夢がすでに叶ったものとして先取りで祝うことをいう。もともとお花見や盆踊りは、秋の豊作を前もって祝う予祝イベントだったそうだ。
予祝を使って「結婚を前提とした恋人をつくる」という願いを叶えるには、素敵な恋人ができたつもりになって、願いが叶ったことを喜ぼう。毎朝鏡に向かって「理想的な恋人ができて、結婚も決まった! ほんとうに幸せ!」と言ったり、恋人とどんなデートがしたいかを具体的に考えてみたりするのだ。それが「予祝」である。
もしかすると「そんなことで夢が叶うはずがない」と思う人もいるかもしれない。そんな人のために、本書では、予祝で夢を叶えた人の事例が多く紹介されている。実際、2014年のソチオリンピックで金メダルを獲得したフィギュアスケートの羽生結弦選手や1959年の天覧試合でサヨナラホームランを打った長嶋茂雄選手も予祝をしていたという。
仕事や恋愛、ダイエットなど、実現したい夢や目標がある方は、ぜひ本書を読んでいただければと思う。大いに勇気づけられるはずだ。


本書の要点

・予祝とは、未来に起こってほしいことを先取りして祝うことをいう。実はお花見も、豊作を引き寄せるための予祝イベントだ。桜を稲に見立て、豊作がすでに実現したつもりでお祝いしていた。
・予祝では、夢が叶ったときの気持ちや状況を具体的にイメージすることが重要だ。予祝スマイルや予祝決めポーズ、未来日記などといったワークに取り組み、夢を叶えよう。
・予祝によって夢を叶えるためには、今の自分を受け入れること、自分のほんとうの願いで予祝することがポイントとなる。


flier(フライヤー)で続きを読む<AD>

フライヤーでは、話題のビジネス・リベラルアーツの書籍を中心に毎日1冊、10分で読める要約を提供(年間365冊)しています。既に1,500タイトル以上の要約を公開中です。@niftyニュースでは、「要約」の前の「レビュー」部分を掲載しています。