【今日の一冊】いつもの仕事と日常が5分で輝く すごいイノベーター70人のアイデア


すごいイノベーター70人のアイデア
ポール・スローン,中川 泉(訳) (TAC出版)


レビュー

本書は画期的なイノベーションを行った70人を取り上げ、その人生を紹介しながら、彼らがイノベーションを起こすに至った契機やプロセスを解説したものである。各イノベーターの成功から何を学ぶべきかという点まで、鮮やかに提示してくれる。
たとえば、生涯を通じてイメージと音楽性を変化させ続け、多くのミュージシャンとコラボレーションしたデヴィッド・ボウイ。彼から得られるアイデアは、「幅広い人と手を組むこと」「自分に変化を課すこと」といったものになる。
登場するイノベーターの活躍ジャンルは多岐に渡る。イケア、マクドナルド、アマゾンといった大企業の創業者たち。フレディ・マーキュリー、マイルス・デイヴィス、ジョン・レノン&ポール・マッカートニーといったポップカルチャーでの成功者たち。ミケランジェロ、パブロ・ピカソら芸術家たち。マリー・キュリーやドミトリ・メンデレーエフなどの科学者たち。そして、マハトマ・ガンジー、ムハマド・ユヌスといった、人権、貧困などの課題と向き合った社会改革者たち。まさにイノベーター図鑑の様相を呈している。
読者にとって興味のあるページから読んでもいい。役に立ちそうなページをめくるのもアリだ。読者の裁量で自由に楽しめる。各章は短く隙間時間に読めるので、仕事に詰まった時などに手に取ってみてはいかがだろうか。頭に新鮮な風が吹き抜け、イノベーションを生み出すための良い刺激となるに違いない。


本書の要点

・ハイアールグループCEOの張端敏は、不良冷蔵庫をハンマーで叩き壊すという行動によって、不良品を許さないというメッセージを従業員に明示した。その後は顧客から学ぶ姿勢を貫き、事業を成功に導いた。
・リーバイ・ストラウスは、山積みの在庫となったテントの布からズボンを作って販売した。これがブルージーンズのヒットを生んだ。
・J・K・ローリングは苦しい生活のなか原稿を書き続け、多くの出版社に断られても諦めなかった。これが『ハリー・ポッター』シリーズの成功につながった。


flier(フライヤー)で続きを読む<AD>

フライヤーでは、話題のビジネス・リベラルアーツの書籍を中心に毎日1冊、10分で読める要約を提供(年間365冊)しています。既に1,500タイトル以上の要約を公開中です。@niftyニュースでは、「要約」の前の「レビュー」部分を掲載しています。