【今日の一冊】 人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている


人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている
ふろむだ (ダイヤモンド社)


レビュー

「実力もないのに、どうしてあんな奴が評価されるんだ」――仕事をしていると、少なくとも一度や二度くらいはそう疑問に思ったことがあるのではないだろうか。
本書は、累計読者数が数百万人にのぼる伝説のブログ「分裂勘違い君劇場」の著者であるふろむだ氏が、すべての悩める社会人に向けて、運よりも実力よりも大事な「錯覚資産」についてまとめたものである。
著者は、錯覚資産を「人々が自分に対して持っている、自分に都合のいい思考の錯覚」と定義する。著者が何者かというと、複数の会社を立ち上げた起業家であり、そのうち1社は上場もしたという成功者である。そんな著者は、成功するかどうかのほとんどは才能や努力ではなく運次第で決まると断言する。
そう聞くと、成功をコントロールすることはできないのかとがっかりする人もいるだろう。ところが錯覚資産を意識的に増やしていくことができれば、成功の確率を高めることができるという。まずは何らかの成果を生むために色んなことにチャレンジし続け、地道に錯覚資産を増やそう。やがてパチンコの「確変」状態がやってきて、雪だるま式に錯覚資産が増えていくこととなる。
思考の錯覚を敵に回すか味方につけられるかで、人生は劇的に変わる。その一歩を踏み出すかどうかはあなた次第だ。


本書の要点

・よいポジションにつく人は実力があるのではなく、「実力があると周囲が錯覚する」からだ。成功したいなら、人々が自分に対して持っている都合のいい錯覚である「錯覚資産」を増やすことに力を注ぐべきだ。
・錯覚資産を得やすい仕事に積極的にチャレンジし、「確変」が来たときに全力投球すれば、効率よく錯覚資産を増やすことができる。
・人間の直感は、思い浮かべやすい情報だけを使って判断するという特徴がある。友人・知人に自分のことをアピールしたりSNSのフォロワー数を増やしたりして、自分を思い浮かべてくれる人を増やそう。


flier(フライヤー)で続きを読む<AD>

フライヤーでは、話題のビジネス・リベラルアーツの書籍を中心に毎日1冊、10分で読める要約を提供(年間365冊)しています。既に1,500タイトル以上の要約を公開中です。@niftyニュースでは、「要約」の前の「レビュー」部分を掲載しています。