【今日の一冊】Bリーグこそ最強のビジネスモデルである 稼ぐがすべて


稼ぐがすべて
葦原一正 (あさ出版)


レビュー

スポーツには夢がある。
だが夢だけでは往々にして行き詰まる。そこにはかならず現実感がともなわなければならない。そういう意味で「B.LEAGUE」(日本の男子プロバスケットボールのトップリーグ)の成功は、大きな夢を掲げつつも、地に足をつけて収益化に取り組んだ結果だといえる。本書のタイトルが『稼ぐがすべて』なのも、そのことを端的にあらわしている。
日本で野球、サッカーに続く第3の団体競技プロスポーツとして、B.LEAGUEは2016年9月に産声をあげた。開幕戦ではスタンドを観客が埋め尽くし、2年間で年間入場者数50%増の250万人、リーグ売上10倍の50億円を達成。その勢いは3年目に入ったいまも続いている。
安定して収益を出しているとは言いがたい日本のスポーツ業界において、なぜB.LEAGUEはここまでの成果をあげられたのか。そこにあるのはバスケットボールだけにとどまらないスポーツへの壮大なビジョン、そして徹底的に磨き上げられたビジネス感覚だった。
バスケットボールに興味がなくても、あるいはスポーツ自体に興味がなくても、本書を読めば「次にB.LEAGUEは何を仕掛けてくるのか?」と注目したくなってくる。スポーツという枠組みを超えた、そんな極上のエンタメの秘密。あなたも覗きこんでみてはいかがだろうか。


本書の要点

・新しくできたプロリーグは、新しいことをしなければ価値がない。ゆえにB.LEAGUEでは「ぶっとんでいる」人財を積極的に採用した。
・理念を実現するには確固たる事業戦略が必要だ。B.LEAGUEが重視したのは「デジタルマーケティング」の推進、そして「権益の統合」だった。
・「若者」と「女性」にターゲットを絞り、「スマホファースト」を徹底したことが、B.LEAGUEの成功につながった。
・「GIVE&TAKE」よりも「GIVE&GIVE&TAKE」だ。大きなものを得るためには、まずは相手にとことん尽くすべきである。


flier(フライヤー)で続きを読む<AD>

フライヤーでは、話題のビジネス・リベラルアーツの書籍を中心に毎日1冊、10分で読める要約を提供(年間365冊)しています。既に1,500タイトル以上の要約を公開中です。@niftyニュースでは、「要約」の前の「レビュー」部分を掲載しています。