【今日の一冊】 一人になりたい男、話を聞いてほしい女


一人になりたい男、話を聞いてほしい女
ジョン・グレイ,児島 修(訳) (ダイヤモンド社)


レビュー

ベストセラー『ベスト・パートナーになるために』を生み出した著者、ジョン・グレイの待望の最新作が登場した。著者は、「男は火星から、女は金星からやってきた」と、男女の生物学的な違いを提示し、良いパートナーシップを築くための黄金法則を説いたことで、世界的にセンセーションを巻き起こした。あれから25年。「今でもその内容は有効なのか?」という質問が、著者のもとに多く寄せられているという。
世界はこの四半世紀で大きな変化を遂げた。働く女性が増え、男性も家事などに積極的に参加するようになった。これにより、働く女性は男性的側面を、それに協力する男性は女性的側面を持つようになり、カップルの関係も変わりつつある。だが、生物学的な男女の違いというものは依然として存在する。それは、「男らしさ」につながるテストステロン、「女らしさ」につながるエストロゲンというホルモンの影響もあるのだという。適切なホルモンのバランスは一人ひとり異なる。バランスのとり方を学ぶことで、ストレスも解消され、より良い関係性が築けるというのだ。
こう聞くと、男女平等の流れに反するのではないか、と思う方もいるかもしれない。だが、「真の男女平等」についての著者の定義を読めば、その考えは良い意味で裏切られる。そして、男女の関係性について新たな視点を数多く得られるにちがいない。パートナーとの愛情にあふれた関係を育むことはもちろん、職場での人間関係を円滑にすることにも役立つ一冊である。男女の関係性のアップデートを今こそ!


本書の要点

・男女関係は、男女それぞれが役割(ロール)を果たす「ロールメイトの関係」から、心の満足を味わい、魂(ソウル)でつながり合う「ソウルメイトの関係」へと変化した。
・生物学的な男女の違いを受け入れながら、相手のニーズを理解することが、愛情あふれる関係を築くうえでのカギとなる。
・男らしさにはテストステロン、女らしさにはエストロゲンというホルモンが関係しており、男女それぞれのストレスの軽減にも影響を与えている。




フライヤーでは、話題のビジネス・リベラルアーツの書籍を中心に毎日1冊、10分で読める要約を提供(年間365冊)しています。既に1,500タイトル以上の要約を公開中です。@niftyニュースでは、「要約」の前の「レビュー」部分を掲載しています。