【今日の一冊】 amazon 世界最先端の戦略がわかる


amazon 世界最先端の戦略がわかる
成毛眞 (ダイヤモンド社)


レビュー

私たちの生活に急速に浸透したアマゾン。日常の買い物でたっぷりとその恩恵を受けている人もいれば、もっぱら書籍の通販として利用している人もいるだろう。あるいは、AWSのお世話になっているかもしれない。しかし、アマゾンの利用度合いにかかわらず、本書で明らかにされるこの会社の全貌に、多くの方は息を飲むのではないか。
オンラインの書籍販売からスタートした同社ではあるが、「地球上で最も豊富な品揃え」をうたい、今や日用品やネットでは展開が難しいとされていた生鮮食品すら取り扱っている。しかもその安さで他社を圧倒しており、多くの品物が注文をした翌日には届く。いったいどのような仕組みでこれが持続できているのか。
この仕組みを特定するのはそんなに簡単ではない。というのは、アマゾンは徹底した秘密主義で、外部からはなかなか全貌がつかめないからだ。それでありながら、投資家から多くの支持を得ており、時価総額はトップのアップルに迫る勢いである。それを支えているのは、テクノロジーを用いて既存の産業が抱える課題を解決してきた実績への信頼と、未来に投資する姿勢への好感にほかならないであろう。
本書は、アマゾンの卓越したビジネスモデルのすごさと、未来に与える影響を網羅的に紹介する。もはや明日の経済社会はアマゾン抜きには語れない。ビジネスの最先端を語るうえで、本書が必読の一冊であることにまちがいない。


本書の要点

・アマゾンは、生活に関わる商品の圧倒的な品揃えと、安さ、早さで、ネット通販において他を圧倒する存在となった。
・最高の顧客サービスを実現するべく、新サービスとそれを実現するテクノロジーに、豊富なキャッシュフローを惜しげもなく投資しているのがアマゾンの特徴だ。そこから得られた強みを近隣の領域に広げることで、クラウドサービスなどで次々と世界の覇者となっている。
・その動向は小売り、IT、金融など、あらゆる業界を変える可能性を秘めている。もはやアマゾンを抜きにして明日の産業を語ることはできない。




フライヤーでは、話題のビジネス・リベラルアーツの書籍を中心に毎日1冊、10分で読める要約を提供(年間365冊)しています。既に1,500タイトル以上の要約を公開中です。@niftyニュースでは、「要約」の前の「レビュー」部分を掲載しています。