【今日の一冊】 「私らしさ」のつくりかた


「私らしさ」のつくりかた
猪熊真理子 (サンクチュアリ出版)


レビュー

「私らしく生きたい」と願う方は多いだろう。しかし実際には、そうは思っていても、何から手をつけたらいいのかわからない。もしくは、そもそも「私らしさ」が漠然としているケースもあるだろう。
「漠然とした私らしさ」から「明確な私らしさ」を導き出し、それを仕事や生き方に生かすには、どうしたらいいのか。そのヒントがふんだんに盛り込まれたのが本書だ。著者の猪熊真理子氏のアドバイスに沿って自己分析をし、ワークシートに書きこんでいくと、「私らしさ」が少しずつクリアになっていく。そのベースには、著者が学んできた心理学と、3000人の女性に寄り添ってきた経験がある。そのため著者の言葉には説得力があり、読者が自分自身と向き合い、大事にしたい価値観を言語化できるよう、背中を押してくれる。
「私らしさ」を表現する手段として、起業・独立のアドバイスがメインになっているが、やりたいことを模索している方も、自己分析のヒントが得られるだろう。また、お客さまの心をつかんでファンを増やす方法や、安定した心の保ち方についても言及されている。「人と向き合うビジネス」に携わる方にとっては、すぐ実践できるコツが満載だ。
もちろん、私らしさを生かした働き方を実現するには、「私らしく生きる」ためのステップを着実に踏むことが必要となる。自分を変えたい、何かに挑戦したい。でも、まだ具体的な行動を起こせていないという方は、本書と向き合うことが大事な一歩になるのではないだろうか。


本書の要点

・「私らしく好きなことをして生きる」ためには、「私らしさ」を知ることが必要となる。「強みのトライアングル」を見つけ、3つの「や」を整理するワークによって、これから自分に必要なものを明確にするとよい。
・お客さまに必要とされる存在になるには、ターゲットを絞り、そのお客さまのためにできることを考えることが大事だ。
・成功する起業家の条件は、好奇心を持ち、目の前にいる人を大切にし、必要に応じて人に頼れることである。また、弱い自分をさらけ出す勇気もいる。




フライヤーでは、話題のビジネス・リベラルアーツの書籍を中心に毎日1冊、10分で読める要約を提供(年間365冊)しています。既に1,500タイトル以上の要約を公開中です。@niftyニュースでは、「要約」の前の「レビュー」部分を掲載しています。