【今日の一冊】 ブロックチェーン・AIで先を行くエストニアで見つけた つまらなくない未来


ブロックチェーン・AIで先を行くエストニアで見つけた つまらなくない未来
孫泰蔵(監修),小島健志 (ダイヤモンド社)


レビュー

「今日のイノベーションが明日の共通文化になる」。エストニアの国立博物館に掲げられた言葉だ。この言葉どおり、この国では行政サービスの99%を年中無休で利用できる電子政府が実現され、若者たちはいくつものユニコーン企業を立ち上げている。また徹底的に教育に力を入れたことで、子どもたちの学力は世界でも指折りの水準となった。人口130万人のこの国に満ちる活気は、シリコンバレーを思わせる。
しかしエストニアは決して豊かな国ではない。長くナチス・ドイツや旧ソ連の支配下にあり、完全な独立を果たしたのは1991年のことである。そのとき政府は「誰が国民か把握する」といった、国としてきわめて基本的なところから対応を迫られた。
人々が国外に流出しGDPが3割以上減るという危機的状況の中、当時の若き首相が決断したのは、ITの徹底活用によってコストを抑えながら、充実した行政サービスを実現するということだった。それは数学教育で定評のある、この国の頭脳を信じるということでもあった。
「何もない国」から躍進し、いまはスタートアップの聖地となっているエストニア。この地に根付いた「共通文化」を、ぜひ本書から感じ取ってほしい。


本書の要点

・エストニアは電子政府の先進国である。ほとんどの行政手続きはオンラインで完結し、契約にも紙の書類は必要ない。電子署名の普及で「ハンコ」や「サイン」は過去のものとなった。
・「イーレジデンシー」はIT立国エストニアを象徴する、他に類を見ない制度だ。オンラインで申請すれば、世界の誰もがこの国の仮想住民となることができ、起業や雇用契約などを電子的に行うこともできる。
・無料オンライン通話サービス「スカイプ」は、多くのエストニア人によって開発された。この成功体験がベースとなり、現在エストニアは多くのユニコーン企業を輩出するスタートアップの聖地になりつつある。


この本の要約をflier(フライヤー)で読む


フライヤーでは、話題のビジネス・リベラルアーツの書籍を中心に毎日1冊、10分で読める要約を提供(年間365冊)しています。既に1,500タイトル以上の要約を公開中です。@niftyニュースでは、「要約」の前の「レビュー」部分を掲載しています。