【今日の一冊】「二兎を追う」戦略が未来を切り拓く 両利きの経営


両利きの経営
チャールズ・A・オライリー,マイケル・L・タッシュマン,入山章栄(監訳),冨山和彦(解説),渡部典子(訳) (東洋経済新報社)


レビュー

本書が提示するイノベーションの枠組みは、きわめてシンプルなものだ。既存の事業を深めていく「深化」と、新しい事業を開拓する「探索」。両者を同時に推進する「両利きの経営」の実践である。これはイノベーションの普遍的モデルといえる。
両利きの経営の実践には、きわめて高度なマネジメントが要求される。たとえば「サクセストラップ(成功の罠)」。一般的に、事業の規模が大きくなるにつれて、企業は既存の事業に偏り、探索がおろそかになってしまう。監訳者の入山章栄氏によると、現在イノベーションに課題を抱える日本企業の多くはこの罠に陥っているという。
中核事業を維持しながら、イノベーションを起こし、新たな成長を追求していくにはどうしたらよいか――。最終的に命運を握るのはリーダーシップだというのが、著者らの結論だ。リーダーの属人的な判断と采配が両利きの経営の成否を決める。これについてはいくつかの必要条件(ただし十分条件ではない)が提示されており、これらも必読の内容といえる。
本書の魅力はなんといっても、入山氏による理論の背景、冨山和彦氏による実務の最前線からの日本企業への示唆という「W解説」が収録されている点だ。これらが読者の理解の助けとなってくれる。
クリステンセン氏自身が「『イノベーションのジレンマ』を越える最重要理論」と激賞した「両利きの経営」。経営者やリーダー層はもちろん、あらゆるビジネスパーソンが本書を読み、破壊的イノベーションの果実を、自社の成長に結びつけることを願う。


本書の要点

・両利きの経営は、深化と探索の活動を自在に、バランスよく高い次元で行うことである。深化では漸進型イノベーションと絶え間のない改善が重視され、探索では実験と行動を通じた学習が重視される。
・探索を担うユニットは組織内にとどまり、成熟事業が築いた資産と組織能力を充分活用できる状態でなければならない。
・両利きの経営は内部に矛盾をはらんだものとなる。探索と深化を共存させるには、リーダーの包括的で感情に訴えるビジョン、戦略、基本的価値観、幹部チームの強い結束力が重要となる。


この本の要約をflier(フライヤー)で読む


フライヤーでは、話題のビジネス・リベラルアーツの書籍を中心に毎日1冊、10分で読める要約を提供(年間365冊)しています。既に1,500タイトル以上の要約を公開中です。@niftyニュースでは、「要約」の前の「レビュー」部分を掲載しています。