【今日の一冊】最短の時間で最大の成果を手に入れる 超効率勉強法


超効率勉強法
メンタリストDaiGo (学研プラス)


レビュー

「教科書の重要箇所にハイライトをひく」「語呂合わせで覚える」「忘れる前に復習する」。こうした定番勉強法が、実は科学的には効率が悪いことをご存じだろうか?
「最新の学習理論を学校教育の段階で知っていれば、もっと効果的な学習ができるのに……」と思うが、そうした機会は限られているのが現状だ。しかし、学習のメカニズムを理解すれば、誰でも短時間で大きな成果を出せる。数々の研究結果によって裏づけられた、「禁断の学習メソッド」を指南してくれるのが本書だ。
著者は、続々とベストセラーを生み出すメンタリストDaiGo。学び方のプロである彼は、いったいどんな方法で膨大な知識・スキルを体得しているのか? 本書では、DaiGoのサクセスストーリーを支えた「人生を最大化する勉強法」も公開されている。登場するのは入学試験、資格試験、昇進試験などに役立つ、応用度の高い手法ばかり。「もっと早くに知っておけばよかった!」と叫びたくなるかもしれない。
だが、安心してほしい。まずは、超効率勉強法の基本となる「想起」と「再言語化」の2大柱をおさえよう。本書のテクニックを実践することで、学習の理解度が上がる。そして、勉強そのものが楽しくなるにちがいない。
科学的な勉強法は、万人に開かれた窓である。要約者は本書からこの気づきを得て、視界が開けるような気分だった。常に新しい知をとり込み、「成長モード」で人生を楽しみたいのなら、本書を読まない手はない。


本書の要点

・真に効果が高い勉強法には、積極的に学ぶ「アクティブラーニング」という共通項がある。アクティブラーニング化の2大ポイントは、「想起(思い出すこと)」と「再言語化(自分の言葉に置き換えること)」だ。
・「想起」を使いこなすテクニックは、「クイズ化」「分散学習」「チャンク化」の3つである。
・「再言語化」を使いこなすためのテクニックは、「自己解説」「ティーチング・テクニック」「イメージング」の3つだ。
・学習の効果を高めたいのなら、「勉強前の準備」に時間をかける必要がある。


この本の要約をflier(フライヤー)で読む


フライヤーでは、話題のビジネス・リベラルアーツの書籍を中心に毎日1冊、10分で読める要約を提供(年間365冊)しています。既に1,500タイトル以上の要約を公開中です。@niftyニュースでは、「要約」の前の「レビュー」部分を掲載しています。