【今日の一冊】相互不信が実現する新しいセキュリティ ブロックチェーン


ブロックチェーン
岡嶋裕史 (講談社)


レビュー

ビットコインの登場は衝撃的だった。「サトシ・ナカモト」と称する謎の人物によって提唱されたブロックチェーンによって、信用ある貨幣を権力からも物理的実体からも独立して流通できるようになったのだ。しかもビットコインは取引データのかたまりである「ブロック」を作る計算競争、いわゆるマイニングの勝者に与えられる。
もともと権力や国家に対抗意識が強い、コアなインターネットユーザーはビットコインに熱狂した。ある者はマイニングに注力し、ある者はビットコインを得るために金銭を投じ、またある者は既存の金融システムをブロックチェーンに置き換えるべきと主張した。
その後の騒動はご存知の通りである。ビットコイン等の仮想通貨は投機の対象となってバブルが起こり、いくつかの取引所では仮想通貨の流出事件も発生した。現在、仮想通貨への投機熱はやや沈静化しているものの、ブロックチェーンへの期待は健在である。研究投資の案件公募などでは、しばしば研究テーマとして提案されている。
そもそも、ブロックチェーンとは何なのか。取引の改ざんや名義の偽装などが技術的に起こらない仕組みを、どう実現しているのか。仮想通貨の取引所とは何をしているところで、なぜ流出した仮想通貨は戻ってこないのだろうか。このような疑問を解決し、現時点におけるブロックチェーンの問題と将来の展望を正しく知るには本書が最適だろう。夢想や熱狂から距離をおき、現実を正しく知ることこそ、本当の希望につながるのだ。


本書の要点

・ブロックチェーンによるイノベーションとは、管理者が存在せず、参加者すべてが敵同士であっても処理の透明性を確保し、データ改ざんが行われにくいデータベースを実現したことだ。
・ブロックチェーンを活用した仮想通貨のことを「暗号資産」と呼ぶ。暗号資産には「ハッシュ」と「公開鍵暗号」という暗号技術が不可欠だ。
・ブロックチェーンは、管理者がいる通常のシステムと比べると非常に処理効率が悪い。社会に浸透していくには、さまざまな改善を重ねていく必要がある。


この本の要約をflier(フライヤー)で読む


フライヤーでは、話題のビジネス・リベラルアーツの書籍を中心に毎日1冊、10分で読める要約を提供(年間365冊)しています。既に1,500タイトル以上の要約を公開中です。@niftyニュースでは、「要約」の前の「レビュー」部分を掲載しています。