【今日の一冊】 移動力


移動力
長倉顕太 (すばる舎)


レビュー

地球約23.7周、月まで1.2往復。これが本書の著者、長倉顕太氏が会社を辞め、独立して以降に移動した距離だ。
もちろん、これだけの距離になるまで年がら年中移動している人は、多くはないだろう。しかしインターネットも新幹線もなく、飛行機の移動もハードルが高かった時代なら夢物語でも、今の時代なら「そんな人もいるだろうな」くらいには思える。まるっきり現実感のない数字ではないだろう。
もちろん、移動する生活をしたいかしたくないかは、別問題だ。しかし自分の今の環境から抜け出し、全く新しく生まれ変わるような気持ちで何かをスタートさせたいとお考えの方ならば、本書から吸収できる考え方は多いだろう。新しいことを始めようとするとき、できるかできないかをとにかく考えてしまう人は、特にだ。
著者のように地球を約23.7周することは、自分には不可能だろうか。お金、仕事、言葉など、無理と判断する理由はいくらでも思いつく。しかし現代なら仕事はどこにいてもできるし、仕事ができればお金は入ってくる。日本よりはるかに物価の安い国で生活することも可能だ。現地の言葉が話せなくても、海外旅行は楽しかったりする。できない理由を突き詰めていくと、どこかで勝手に自分自身で「無理」だと決めつけているという事実にぶち当たりはしないだろうか。
もっと自由に、可能性を広げてもいい。そんなことに気づかされる一冊だ。


本書の要点

・定住からもたらされた不幸がある。そんな不幸から抜け出し、人生を変えるには、とにかく移動することが必要だ。
・引っ越しは一番手っ取り早くインパクトも大きい移動だ。さらに会社も辞めて、より多く移動できる選択肢を増やすべきである。環境を変えることで、新しいキャラクターになり、新しい人生を始めることも可能だ。
・どんどん移動する人生を送るにあたり、悩んだり迷ったり、反省したり、しっかり準備をしたり、他人の目を気にしたりすることは、時間の無駄だ。大事なことは、淡々とやり続けることである。


この本の要約をflier(フライヤー)で読む


フライヤーでは、話題のビジネス・リベラルアーツの書籍を中心に毎日1冊、10分で読める要約を提供(年間365冊)しています。既に1,500タイトル以上の要約を公開中です。@niftyニュースでは、「要約」の前の「レビュー」部分を掲載しています。