【今日の一冊】新時代を生き抜く24の思考・行動様式 ニュータイプの時代


ニュータイプの時代
山口周 (ダイヤモンド社)


レビュー

「正解を出す力に、もはや価値はない」。本書の著者が発するのは、従来エリートとされてきた人物像が、急速に価値を失いつつあるというメッセージだ。20世紀の後半から21世紀の初頭にかけて高く評価されてきた人材は、人々の不満や不便、不安の解決に長けた人材である。しかし、モノやサービスが過剰に供給される現在、人々が不満や不便を感じる場面は減る一方だ。それに伴い、問題解決のニーズも減少している。
そのような時代に必要とされる「ニュータイプ」の人材とは、どのような思考・行動様式を持つのか? 著者はその疑問に明快に答えてくれる。
ニュータイプは、従来の優秀な人物像とは対極ともいえる。「正解を探す」のではなく、「問題を探す」。未来を「予測する」のではなく「構想する」。ルールに従って無批判に行動するのではなく、「自らの道徳観に従う」。その姿は時にわがままにも見えることだろう。しかも、キャリアの構築においては、「1つの組織に留まる」のではなく、複数の「組織間を越境する」ことでリスクを分散し、自らが高い評価を得られるフィールドを選択する。こうして、計画された偶発性のもとに、しなやかに生きていくのだ。
著者は、不確実な時代を歩む、すべての働く人に、これからの時代のキャリア戦略を提示してくれる。「今のキャリアを歩み続けてよいのだろうか」とお悩みの方は、ぜひ本書を手に取り、思考・行動をアップデートしてみてほしい。


本書の要点

・20世紀的な優秀さは、今後は「オールドタイプ」として急速に価値を失っていく。求められるのは、「自由で直感的、わがまま」なニュータイプの人材である。
・ニュータイプの人材は、既存の不満や不便を解消する「課題解決者」ではなく、まだ気づいていない問題を見出し、その問題を解消するための仕組みを提案する「課題設定者」である。
・無意味な仕事が蔓延する現代においては、モチベーションは希少な経営資源だ。ニュータイプの人材は、仕事に意味を与え、人々のモチベーションを高めることで、組織の潜在能力を引き出していく。


この本の要約をflier(フライヤー)で読む


フライヤーでは、話題のビジネス・リベラルアーツの書籍を中心に毎日1冊、10分で読める要約を提供(年間365冊)しています。既に1,500タイトル以上の要約を公開中です。@niftyニュースでは、「要約」の前の「レビュー」部分を掲載しています。