【今日の一冊】生涯年収を最大化する生き方 転職と副業のかけ算


転職と副業のかけ算
moto (扶桑社)


レビュー

今や、大量リストラがそこかしこで行われ、大手企業が倒産しても誰も驚かない時代になった。多くの会社員にとって、いつ何時も油断できない状況が続いているといっていいだろう。
そんな中、「転職」と「副業」をテーマに、今の時代におけるキャリアアップや稼ぎ方を紹介しているのが本書だ。多くの部分が著者の体験に基づいて書かれているため、まるで知人からキャリアアップの秘訣を教えてもらっているような印象を受けるほどリアルで、読みやすい。
著者は、ベンチャー企業で営業部長をつとめているという、一見ごく普通の会社員だ。だが、キャリアのスタートは、なんと地元のホームセンターだった。しかも、SNSなどの手段を使って副業をし、総年収5,000万円を稼ぎ出しているという。日々キャリアの棚卸を行い、万が一今の会社を辞めざるを得なくなったときのための備えも怠らない。彼はこうしたセルフ・マネジメントと徹底した行動力によって、5,000万円もの年収を得られるようになったのだろう。
本書では、著者がとってきた行動とともに、それを選んだ理由と効果が具体的に紹介されている。まだ一般には知られていない、盲点をつくような「稼げる」話も多い。読者がそのまま真似をしても、まったく同じ結果を得られるわけではないだろう。だが、意識をちょっと変えてみたり、本書で紹介されるノウハウのうちいくつかだけでも真似してみたりすれば、今より一歩「安定」へと近づけるのではないだろうか。


本書の要点

・{{li:会社員として働くなかで得られる経験や知見は、個人でお金を稼ぐための「素」になる。}}
・{{li:著者は大手企業の内定を蹴り、地元のホームセンターに入社した。ホームセンターは「短期で結果が出せる」「自分が自由にやっても怒られない」「転職で評価される実績が出せる」という条件を満たしていたからだ。}}
・{{li:転職によって大きく年収を上げるには、年収の高い業界や職種に軸をずらす「軸ずらし転職」が効果的だ。年収レンジの高い業界は、商社やコンサル、金融、通信、広告など、「動くお金が大きく、かつ利益率が高い」業界である。}}


この本の要約をflier(フライヤー)で読む


フライヤーでは、話題のビジネス・リベラルアーツの書籍を中心に毎日1冊、10分で読める要約を提供(年間365冊)しています。既に1,500タイトル以上の要約を公開中です。@niftyニュースでは、「要約」の前の「レビュー」部分を掲載しています。