【今日の一冊】 オールブラックス 圧倒的勝利のマインドセット


オールブラックス 圧倒的勝利のマインドセット
今泉清 (学研プラス)


レビュー

9月20日、ラグビーワールドカップ2019日本大会が開幕する。
ラグビーワールドカップといえば、2015年の日本対南アフリカの試合を思い出す方も多いのではないか。優勝候補の南アフリカを相手に、戦力で劣ると考えられていた日本が、最後の最後で逆転勝利する。熱烈なラグビーファンでなくても、あのジャイアント・キリングには心躍ったに違いない。
そんなラグビーの世界で、他を寄せ付けない圧倒的な成績を誇るチームがある。ニュージーランド代表、通称オールブラックスだ。75%を超えるその勝率は、あらゆる団体競技においても飛び抜けている。ラグビーの世界ランキングでは約10年ものあいだ1位をキープし、今回のワールドカップでは史上初の3連覇を狙う。まさしく常勝集団といえる。
そんなオールブラックスの強さの秘密はどこにあるのか? 本書は「ラグビー界のレジェンド」と呼ばれる著者が、自らの経験と先人たちの言葉にもとづき、なにがオールブラックスをオールブラックスたらしめるのか分析したものだ。常に勝利を求められる組織において、プレッシャーに負けることなく勝ち続けるためには、強靭な肉体や卓越した技術もさることながら、なによりも圧倒的なメンタルの強さが求められる。オールブラックスは組織として、それをずっと実現し続けているのだ。脱帽するしかない。
勝利することの難しさ、そして大切さを、あらためて実感させてくれる一冊だ。


本書の要点

・{{li:ニュージーランドのラグビー選手のほとんどはゼネラリスト型である。勝つための情報を全員で共有し、お互いの役割を決めていく。}}
・{{li:リーダーというのは固定された役職ではなく、もっと流動的なものだ。}}
・{{li:偉大なリーダーであるほど、人の話をよく聞く。そして話すときは、論理的かつ具体的である。}}
・{{li:オールブラックスが強いのは、不利な状況を有利に変える「アジャストメント」と「コンパッション」に優れているからだ。}}
・{{li:試合前におこなう儀式「ハカ」には、歴代の選手の栄誉を称え、先人に恥じない戦いをするという強い気持ちが込められている。}}


この本の要約をflier(フライヤー)で読む


フライヤーでは、話題のビジネス・リベラルアーツの書籍を中心に毎日1冊、10分で読める要約を提供(年間365冊)しています。既に1,500タイトル以上の要約を公開中です。@niftyニュースでは、「要約」の前の「レビュー」部分を掲載しています。