ミリタリーっぽいけど実は違う?グレゴリーのコラボバッグが気になります

ミリタリーっぽいけど実は違う?グレゴリーのコラボバッグが気になります

ミリタリーっぽいけど実は違う?グレゴリーのコラボバッグが気になりますの画像

アウトドア系リュックのメーカー、グレゴリー。「Don't Carry,wear it/パックは背負うのではなく、着るものだ」という独自コンセプトの基に、大型パックから小型のパックまで一貫したものづくりをしています。

街を歩けば、一日の内で必ず1回は目にすることがあるのではないでしょうか。そんなバックパックの大手メーカー・グレゴリーから、アーティストコラボレーション第6弾のアイテムが発売になりました。ちょっとユニークなルックスに、注目が集まっていますよ。

グレゴリー×アーティストコラボレーション第6弾が、発表されました。
今回は人気イラストレーター、花井祐介氏とのコラボレーションモデルになります。

グリーンをベースに山や木、動物などが描かれた、花井氏の細やかなデザイン。
これを遠めに見てみると、まるでミリタリーカモフラージュのように見えるプリントになっています。近くでPOP、遠くでシックという、ユニークな仕上がりです。

このプリントは、花井氏の名前をとり「YH CAMO」と名付けられ、デイパック、イージーデイ、サッチェルM、テールメイトS、パデッドショルダーポーチMの5型に採用されました。

価格は、定番の「DAYAPCK(デイパック)」が2万2000円(税別)。
気軽に日常使いができる「EASY DAY(イージーデイ)」が1万3000円(税別)。
イギリスの伝統的カバンから着想を得た「SATCHEL M(サッチェルM)」が1万1000円(税別)。
肩でも腰でも使える「TAIL MATE S (テールメイトS)」が1万円(税別)。
タウンユースにとっても便利な「PADDED SHOULDER POUCH (パデッドショルダーポーチM)」が7000円(税別)。

あなたのライフスタイルに合わせて、チョイスしてくださいね。

>> グレゴリー

 

[関連記事]
New Balance×GREGORY×BEAMS PLUSのコラボってなんだか凄そう!

荷物整理バッグにもギア感を!別注ミリタリーカラーが新登場!

出張や旅の荷物は“機内持ち込みサイズ”にまとめちゃおう!

(文/&GP編集部)

関連記事(外部サイト)