白文字盤に赤の“Seamaster”がアクセント!オメガ シーマスターの東京2020モデル

白文字盤に赤の“Seamaster”がアクセント!オメガ シーマスターの東京2020モデル

白文字盤に赤の“Seamaster”がアクセント!オメガ シーマスターの東京2020モデルの画像

開催が目前に迫った東京2020 オリンピック・パラリンピック。勝負の瞬間に向けていよいよカウントダウンが始まるなか、1932年大会からオフィシャルタイムキーパーを務めるオメガより、大会への敬意を込めた特別なタイムピースが登場しました。その名も「シーマスター ダイバー300M 東京2020 スペシャル エディション」(66万円)。大会エンブレムカラーを身にまとった凛々しくも精悍な表情に注目です。

「シーマスター ダイバー300M」に東京2020のエンブレムにインスパイアされたカラーを配した特別モデルで目を引くのは、清潔感漂うセラミック製のホワイトダイアル。レーザーエングレービングで施された波模様、12時位置にアクセントとして配された“Seamaster”の赤色文字が、静かな表情の中にも若々しい躍動感を感じさせます。

まばゆいホワイトに組み合わせたのは、エンブレムカラーにちなんだ鮮やかな濃紺のセラミックベゼル。「シーマスター ダイバー300M」の特徴でもあるスケルトン針や丸型インデックスにも同じく濃紺をまとわせつつ、ホワイトスーパールミノヴァにより暗所での視認性を確保。サファイアクリスタルのケースバックには、記念モデルの証として東京2020 オリンピックのエンブレムがデザインされています。

ブレスレットと一体化したデザインの42mmステンレススティールケースに搭載するのは、スイス連邦計量・認定局(METAS)によるマスタークロノメーター公式認定を受けた自社製キャリバー 8800。

業界最高クラスの精度が、熱い戦いを力強くサポート。純白の特製ボックスに収められ、全国の直営店および正規販売店で発売中です。

>> オメガ「シーマスター ダイバー300M 東京2020 スペシャル エディション」

<文/&GP>

 

【関連記事】
◆アメリカズカップ開催を彩る限定「オメガ シーマスター」?
◆“初めて月に行った腕時計”を完全復刻した「オメガ スピードマスター ムーンウォッチ321」
◆ジェームズ・ボンド ウォッチ最新作「オメガ シーマスター ダイバー300M 007エディション」

関連記事(外部サイト)

×