アウトドアでは高機能&おしゃれなサングラスでスタイリッシュに目を守ろう

アウトドアでは高機能&おしゃれなサングラスでスタイリッシュに目を守ろう

アウトドアでは高機能&おしゃれなサングラスでスタイリッシュに目を守ろうの画像

太陽の光が降り注ぐ屋外で過ごす時間が長いアウトドアでは、サングラスはマストアイテム。普段から使っているお気に入りのサングラスを、アウトドアシーンでも活用している人も多いのではないでしょうか。とはいえ、アウトドアにはアウトドアだからこその機能を持ったサングラスが欲しいところ。

メガネブランド・Zoff(ゾフ)がアウトドアクリエイター・YURIEさんとコラボした新コレクション「OUTDOOR EDITION Zoff×YURIE」(偏光サングラス:8800円、調光サングラス・UVクリアサングラス:5500円)なら、さまざまな自然環境で一日中かけていても、快適に過ごせますよ。

長時間の使用でもストレスがないよう、素材には軽量のポリアミド樹脂を採用したほか、ノーズラインやテンプル(つる)の内側にはラバーを施し、ズレを軽減しています。特に、ノーズラインのラバーパッドは形状を立体設計し、誰がかけても自然なかけ心地を実現しました。

また、裏面反射防止コートレンズを採用し、一般的なレンズと比べレンズの裏面で反射する光を防ぎ、クリアな視界になっています。

コレクションには偏光サングラス、調光サングラス、クリアサングラスの3種が用意されており、使用シーンに応じて最適なサングラスを選べます。それぞれにウェリントンタイプのべっ甲柄フレーム、ボストンタイプのブラウンカラーフレームの各2タイプがあり、計6モデルがラインナップしています。

偏光サングラスは、一定方向の反射する光を抑制し余分な光を防ぎ、見る物の色調を損なわずコントラストを高め、見えやすくする高機能サングラス。雨上がりの路面や水面、草木の反射を防ぐので、ドライブや釣り、雪山など、アウトドアシーンに最も適しています。

グリーンの偏光レンズを標準装備し、ウェリントンタイプでべっ甲柄のフレームの「ZN211G04_49A1」と、ボストンタイプのブラウンカラーのフレームの「ZN211G07_43A1」の2モデルがラインナップしています。

調光サングラスは、紫外線の量によってレンズの色の濃度が変化する2Wayサングラスです。明るい屋外ではサングラス、紫外線が当たらない夜や屋内ではメガネとして、かけ外しせずに長時間使用できるので、山歩きで眩しさをカットしながら景色も楽しみたい時や、屋内・屋外と動き回るレジャーシーンなどに最適。紫外線量や気温によって色の濃度が変わり、約30秒でレンズの色がつき、約2分で色が抜けます。

ラインナップは、ウェリントンタイプでべっ甲柄フレーム、レンズがグレーに変化する「ZN211G06_49A1」、ボストンタイプでブラウンカラーのフレーム、レンズがブラウンに変化する「ZN211G09_43A1」の2モデルです。
※4/19現在、調光サングラス「ZN211G06_49A1」「ZN211G09_43A1」は売り切れ

UVクリアサングラスは、420ナノメートルまでの有害光もカットするUV420の高機能レンズを使用しており、紫外線を100%カットするサングラス。クリアレンズなので、目のUVケアはしっかりしたいけど、マスクにサングラスをかけるスタイルや色つきのサングラスに抵抗があるという人にもオススメです。季節やシーンを問わず使用できるので、街歩きや通勤に最適。

ラインナップはウェリントンタイプでべっ甲柄のフレームの「ZN211G05_49A1」と、ボストンタイプでブラウンカラーのフレームの「ZN211G08_43A1」の2モデル。

アウトドアのお供にぴったりの、オシャレなデザインのサングラスを探している人はぜひチェックしてみてくださいね。6タイプともユニセックスで、Zoffオンラインストア限定で発売中です!

>> Zoff「OUTDOOR EDITION Zoff×YURIE」

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆レジャーでこそ本領発揮!手元はくっきり、足元は見やすい遠近偏光サングラス?
◆オフィスにもOK!999.9のゲーミンググラスは日常使いできるかっこよさ?
◆機能性もオシャレ度も高い!アングラー必携なSMITHの偏光サングラス?

関連記事(外部サイト)