GoProで撮影するならGoProの偏光サングラスも一緒に!

GoProで撮影するならGoProの偏光サングラスも一緒に!

GoProで撮影するならGoProの偏光サングラスも一緒に!の画像

多彩な映像を気軽に撮影できることで人気を博しているGoProより、ライフスタイルギアの新たなアイテムが登場します。耐久性に優れたフローティング偏光サングラス「mezcal(メスカル)」(9500円/サブスクユーザー6650円)、スタイリッシュで機能性抜群のバックパック「Weekender」(1万5200円/サブスクユーザー1万640円)、新作Tシャツ(3160円/サブスクユーザー2212円)と、どれも欲しくなること間違いなしのラインナップです!

「mezcal」は、GoProから初めてリリースされる偏光サングラス。優れた耐久性とスタイリッシュさに加え、サーフィンやラフティングなど、ウォータースポーツを撮影する際にも安心のフローティング(水に浮く)仕様。アクティブなライフスタイルにピッタリのアクセサリーです。

交換可能な3組のレンズが付属されており、ブルーミラー仕上げのライトアンバーは、暗い場所で細部や色をはっきり捉えることが可能。カヌーやカヤックで海中洞窟などを探検する時などには最適です。ブロンズミラー仕上げのアンバーは、水上の細部や色をはっきり捉えることができ、釣りなど水面を長く見るようなアクティビティに最適。グレーは色を正確に捉え、日差しの眩しさを抑えることができるので、撮影の合間などのブレイクタイムで力を発揮します。

いずれも偏光サングラスなので紫外線(UVA/UVB)を100%カット。水上や水辺、ブレイクタイム中でも、レンズを取り替えることでさまざまなシチュエーションに対応できます。レンズセットの収納スペースを備えた保護用トラベルケースと、マイクロファイバークロスが1枚がセットと付属品も充実。アクティブな旅の際には、GoProとともに携帯しておきたい一本となりそうです。

「新作Tシャツ」は3種類のデザインで展開。ひとつ目はアラスカの著名なトレイルアーティストであり、HERO9 Blackミリオンダラーチャレンジの受賞者でもあるマック・ロミーとタッグを組んだエレベーションTシャツで、水彩画で描かれた山並みをデザイン。マック・ロミーが行っている環境保護の取り組みに敬意を表し、収益の10%をProtect Our Winters(POW)に寄付されます。サイズはメンズ用とウィメンズ用の両方が用意されています。

ふたつ目は設計図のようなデザインにGoProのロゴをあしらったブループリントTシャツ、3つ目は世界地図の抽象画が特徴的な地球をテーマにしたTシャツ(ブルー、グレーの2種類)です。これら全てのTシャツはGoProのDNAに基づき、肌触りの良いコットンとポリエステルの混紡素材を使用。モダンなシルエットのクルーネックスタイルを採用してます。

バックパック「Weekender」は、短期の旅行やGoProギアを収納する便利なツールとしてアクティブな旅をサポート。容量は30リットルとたっぷりで、カスタマイズ可能なクッション付き収納スペースと、15インチまでのノートパソコンを出し入れできる保護ポーチを備えています。

GoPro用のショルダーマウントも内蔵されており、貴重品用の隠しポケット、靴や汚れた衣類の収納に適した折り畳み式コンパートメントなど、汎用性の高さは文句なし。優れた耐候性も備えており、長めのアクティビティでも存分に活躍してくれます。

新たにラインナップされたフローティング偏光サングラス「mezcal」、3種類のデザインが用意されたTシャツ、スタイリッシュなバックパック「Weekender」。これら3つのアクセサリーが揃えば、GoProの楽しみ方がこれまで以上に広がりそうです。

>> GoPro

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆アウトドアでは高機能&おしゃれなサングラスでスタイリッシュに目を守ろう?
◆レジャーでこそ本領発揮!手元はくっきり、足元は見やすい遠近偏光サングラス?
◆機能性もオシャレ度も高い!アングラー必携なSMITHの偏光サングラス?

関連記事(外部サイト)