スターバックス リザーブで買える希少なハワイの「カウ コーヒー」って知ってる?

スターバックス リザーブで買える希少なハワイの「カウ コーヒー」って知ってる?

スターバックス リザーブで買える希少なハワイの「カウ コーヒー」って知ってる?の画像

ハワイのコーヒーといえば誰もが知る“コナ コーヒー”ですよね。ハワイ島西岸のコナ地区で生産されているコーヒーです。でも実は、ハワイにはコナコーヒー以外に近年注目されているコーヒーがあるのを知っていましたか?

それが“カウ コーヒー”です。コーヒーの品質を競う世界的なカッピング大会で入賞したことを契機に注目を集め、いまや高品質なコーヒーの生産地として知られるカウ。生産量が少ないため、目にする機会が少ないこのカウのコーヒー豆が、なんとスターバックス リザーブに登場したんです。コーヒー好きでなくても、一度は飲んでおきたい超希少な豆ですよ。

コナ地区もあるハワイ島の南部に、カウという地区があります。もともとサトウキビ畑が広がる場所でしたが、肝心のサトウキビ産業が衰退。1996年には農園がすべて閉鎖されてしまいました。

そこでサトウキビ農家が始めたのがコーヒー栽培。19世紀の終わり頃からほそぼそと続けられていたコーヒー栽培を、新たな生計の手段にしたといいます。

実はハワイ州は、アメリカの中でも唯一商業的なコーヒーの生産地です。そこで生まれた新たなブランド、カウ。このなかなか飲む機会のないコーヒーが、今ならスターバックス リザーブで飲めるんです。

コーヒー豆250gで6800円(税別)と驚きの価格ですが、これは、それだけ希少な豆だという証。せっかくのレアコーヒー、スターバックス リザーブの店舗でもおいしく飲めるんですよ。腕利きのバリスタが、豆の個性を活かした1杯を目の前でいれてくれます(サイフォン※:1360円、クローバーSHORT:1320円、プアオーバーSHORT:1320円、コーヒープレス1320円/各税別)。ちなみに味は、ミルクチョコレートのような風味に、アーモンドのような甘みがあとから追いかけてきます。

気になるという人は、ぜひ一度ご賞味あれ。
※サイフォンは取り扱っていない店舗もあります
>> スターバックス コーヒー

 

[関連記事]
スターバックス流 おいしいアイスコーヒーの作り方@[基礎知識編]

ヘルシーなのにボリュームも◎!スターバックスからデリボックスが登場!

次の新店は“あなたのオフィス”かも?スターバックスの新サービスとは

(取材・文/&GP編集部 円道秀和 写真/田口陽介)