リサイクルコルクで履き心地が向上したサステナブルな「ナイキ ブレーザー」

リサイクルコルクで履き心地が向上したサステナブルな「ナイキ ブレーザー」

リサイクルコルクで履き心地が向上したサステナブルな「ナイキ ブレーザー」の画像

1977年にナイキ初のバスケットボールシューズとしてとして登場した「ブレーザー」。サイドに大きめのスウッシュが配された大胆かつクラシックなデザインが魅力的です。

発売当初から、優れたグリップ力と耐久性でスケーターから多くの支持を獲得し、最近ではナイキのスケートボードライン「ナイキ SB」仕様も数多くリリースされるなど、多くのファンを獲得している名モデルです。

そんな「ブレーザー」に、リサイクルコルクでよりサステナブル&高性能にアップデートした新作が加わりました!

「ブレーザー」ならではのクラシックなフォルムはそのままに“コルクパック”でのリリース。アッパーのシュータンやヒール、アウトソールなど随所にリサイクルコルクを使用し、ナチュラルで落ち着きのある雰囲気に。そして軽量で耐久性の高いリサイクルコルクによって、タフで使い勝手も良くなっていますよ!

 

■環境への配慮と履き心地の良さを同時に実現!

シュータンのラベルは通常ならナイロンですが、本作ではリサイクルコルクでナチュラかつソフトな足当りへと進化。

ヒールのテープもリサイクルコルクがアクセントに。そして履き口のナイキロゴはクラシックモデルに多く見られる通称“縦ナイキ”仕様。

ヒールサイドに配された植物の刺しゅうが、ポップで清潔感のあるアクセントに。

アウトソールはリサイクルコルクを混ぜ込んだラバーを使用。ツブツブ感のあるルックスで存在感もバッチリです。
*  *  *
ブレーザーのクラシックなデザインと、コルクのナチュラルな雰囲気がマッチしていますね! しかもリサイクルコルクは環境に優しいだけじゃなく、軽量で弾力性があるので、より履き心地の良いシューズへと進化を遂げているのです。サステナブルがトレンドな今、取り入れない手は無いっすね!

ナイキ
「ナイキ ブレーザー ミッド'77 M2Z2」(1万3200円)

>> NIKE

 

<取材・文/本間 新>

本間 新|エディター/ライター。ファッションを中心にさまざまな雑誌やWEB媒体で活動。中でもスニーカーに特化し、年間400本以上ものスニーカー関連記事を制作している。アメ車やエアガンにも強い。Instagram

 

 

【関連記事】

◆1万円でお釣りがくる注目のレトロランニングモデル「ナイキ チャレンジャー OG」
◆サステナブルで近未来的ルックスな力作「ナイキ クレーター インパクト」
◆ビジカジにすとんとハマる!東京発、新進気鋭ブランドの大人スニーカー

関連記事(外部サイト)