さらに静かに、パワフルに、空気をキレイにするダイソン空気清浄ファン

さらに静かに、パワフルに、空気をキレイにするダイソン空気清浄ファン

さらに静かに、パワフルに、空気をキレイにするダイソン空気清浄ファンの画像

生活空間の空気をクリーンに保ってくれる空気清浄機は、現代の必須アイテム。さらに、部屋の空気を循環させるための扇風機やサーキュレーターの需要も高まっています。ですが、家電をあれこれ置くと部屋のスペースが取られ、操作も面倒ですよね。それなら、ダイソンが新たに発表した Purifierシリーズをチェックです。

これまで以上にアップした空気清浄力によるクリーンな空気を部屋に広げ、涼しくしてくれる「Dyson Purifier Cool 空気清浄ファン」と、ヒーター機能もプラスした「Dyson Purifier Hot+Cool 空気清浄ファンヒーター」(オープン価格)の2機種をラインナップ。2役、3役をこなすオールマイティーな1台は、場所も取らず、1年を通して重宝しそうです。

Purifierシリーズの大きな特徴は、従来モデルよりもさらにアップした空気清浄機能。空気清浄機能といえば一般的にフィルター性能が注目されがちですが、いくら高性能なフィルターを搭載していても、製品の組み合わせ部分のわずかな隙間などから汚れた空気が漏れてしまうものだそう。

そこで、Purifierシリーズでは、気流の経路を分析して構造を再設計。隙間を塞いで製品内部を密閉することで、さらに高い空気清浄力を実現させています。

この新しい構造と、厳格な基準の欧州規格に準じた密閉性の高いグラス HEPA H13フィルターにより、 PM0.1レベルの微細な粒子を99.95%閉じ込め、花粉や、ハウスダスト、ウイルスもキャッチ。活性炭フィルターが有害なガスやニオイも除去します。

また、独自設計の送風口によって気流を増幅させるAir Multiplierテクノロジーでパワフルな循環力を生み出し、遠くの空気まで引き寄せて部屋全体の空気を清浄できるのもダイソンならではです。部屋の空気の状態は、リアルタイムにLCDディスプレイに表示され、ひと目で把握ができます。

さらに、気流経路を改善し、空気を排出する開口部を広げたことによって、「Dyson Purifier CoolTM空気清浄ファン」の運転音は、前モデルと比べて最大20%も低減しています。

「羽のない扇風機」としてお馴染みの扇風機機能は、暑い季節には、そのクリーンな風を吹き出し、部屋中に届けることで涼しくしてくれますが、「ディフューズドモード」に切り替えれば、風を本体後方の開口部から送り出すことで、涼しい風を送らずに空気を清浄することも可能。暑い季節以外にも使えます。

「Dyson Purifier Hot+Cool空気清浄ファンヒーター」に搭載しているヒーターテクノロジーは、毎秒290リットルのパワフルな送風と350度の首振り機能でスピーディーに部屋全体を暖めます。

室内が設定温度になると自動で温風モードが停止し、暑くなりすぎない制御機能つき。もしもプレートが過度に熱くなったり倒れた場合には電源が自動停止する安全設計です。

静音運転に切り替わりLCDディスプレイも減光する「ナイトモード」や「スリープタイマー」も搭載し、寝室での使用にもぴったり。専用アプリをダウンロードすれば、スマホなどから設定や操作ができ、さらにスマートスピーカーと連動させればハンズフリーでの操作も可能です。

「Purifier Cool空気清浄ファン」はすでに発売中、「Purifier Hot+Cool空気清浄ファンヒーター」は5月26日よりダイソン直営店やダイソン公式オンラインストア、各家電量販店で順次販売されます。

>> ダイソン「空気清浄機能付空調家電」

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆10分で空気清浄!アルミボディでスタイリッシュな空気清浄機?
◆空気清浄機でおなじみ「プラズマクラスター」がモバイルサイズに!?
◆タッチパネル付きでコスパの高い空気清浄機がエントリーによさげ?

関連記事(外部サイト)