胸がトキメク宇宙への思いはファッショナブルに身に着ける

胸がトキメク宇宙への思いはファッショナブルに身に着ける

胸がトキメク宇宙への思いはファッショナブルに身に着けるの画像

NASAと聞いて連想する宇宙のイメージにワクワクするのは、大人になっても変わりませんよね。宇宙という未知の世界を開拓し続けるNASAは、いくつになっても憧れの存在です。

そんなNASAをたたえる腕時計コレクション「スペースコレクション」が、時計ブランドのスウォッチから新登場します。NASAの宇宙服からインスピレーションを受けた
「BIG BOLD CHRONO EXTRAVEHICULAR」(1万9800円)、「BIG BOLD CHRONO LAUNCH」(1万9800円)、「BIG BOLD JUMPSUIT」(1万5400円)など全5モデルがラインナップします。

「BIG BOLD CHRONO EXTRAVEHICULAR」、「BIG BOLD CHRONO LAUNCH」、「BIG BOLD JUMPSUIT」の3モデルは、素材にBIOCERAMIC(バイオセラミック)が使われています。バイオセラミックは3分の2がセラミック、3分の1がバイオ由来のプラスチックで構成され、シルクのような手触りで抜群の弾力性があるのが特徴です。

「BIG BOLD CHRONO EXTRAVEHICULAR」は、NASAの宇宙飛行士が1983年に初めて着用した白い宇宙服からインスピレーションを受けています。クロノグラフには、一般的な12時位置のアワーマーカーではなく、最後の10秒間がレッドで強調されています。これはロケット打ち上げのカウントダウンを意識したデザイン。

「BIG BOLD CHRONO LAUNCH」は、“カボチャ”の宇宙服としても知られているオレンジのアドバンスド・クルー・エスケープ・スーツにインスパイアされたモデルで、宇宙飛行士が宇宙への上昇時に着用する服の鮮やかなカラーを反映した明るいオレンジが目を引きます。こちらのモデルも、クロノグラフに最後の10秒間がレッドで強調されています。

「BIG BOLD JUMPSUIT」は、宇宙飛行士が記者会見やNASAの施設での作業など日常の仕事に着用するジャンプスーツをイメージしたデザインです。3モデルとも、47mm径のバイオセラミックケースと、バイオプラスチックのガラスが採用されています。

なおこの3モデルに加え、「スペースコレクション」にはスケルトンケースの「TAKE ME TO THE MOON 'GENT'」、ミラー効果のダイアルがついた「SPACE RACE 'NEW GENT'」もラインナップ。6月3日より全国のスウォッチストアにて、6月8日よりスウォッチオンラインストアにて発売予定です。

また6月18日にオープン予定のスウォッチストア原宿ではリミテッドエディションも登場する予定です。NASA好き、宇宙好きの人はぜひチェックを!

>> スウォッチ

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆違法銃器で作られた腕時計は暴力行為へのアンチテーゼ
◆スポーツカジュアルな爽やかさが魅力の北欧ウォッチ 
◆爽やかグリーンの北欧ウォッチで秋ファッションのアクセントに 

関連記事(外部サイト)