重低音も中高音も7000円台とは思えないほど高音質な完全ワイヤレス

重低音も中高音も7000円台とは思えないほど高音質な完全ワイヤレス

重低音も中高音も7000円台とは思えないほど高音質な完全ワイヤレスの画像

機能も価格も幅広いワイヤレスイヤホン。どれを買っていいか迷いますよね。高クオリティで音楽を楽しみたいなら、オーディオブランド・JPRiDE(ジェイピーライド)の新製品がいいかもしれません!

「Premium TWS-520 MK2」(実勢価格:7000円前後)は、オーディオグレードを追求した完全ワイヤレスイヤホン。高いクオリティーと音質から各ECサイトでベストセラーを獲得している既存モデル「TWS-520」をベースに開発された期待の第2世代モデルで、音質を追求するために独自機構を搭載。重厚な重低音と透明感の高い中高音を、バランス良く響かせます。同時発売の「TWS-335」(実勢価格:3500円前後)ならコスパも高く、エントリーモデルとしてもおすすめです。

「Premium TWS-520 MK2」は、音質の追求のため、独自開発のφ6mmダイナミック型ドライバー、不要な振動を抑える高剛性ハウジングの採用など、アコースティック機構にこだわっています。ボリューム感のある重低音、濁りのないクリアな音質を両立しています。

ステムは、φ4mmと細め。さらに収納部に余裕のあるケース設計で、多様なイヤピースを装着できるので、自分好みの装着感にカスタムできます。

「aptX/AAC」高音質コーデックに両対応しており、iPhone、AndroidなどOSに依存せず、さまざまなデバイスで使えます。

また最大-35dBのノイズ除去が可能な通話用ノイズキャンセリング機能「ENCノイズリダクション」も搭載。音楽鑑賞だけでなく、通話やWeb会議でも、ワンランク上の使用感を感じられるはず。最先端の機能性を備えた、ストレスフリーなワイヤレスイヤホンになっています。

一方で「TWS-335」は、価格を抑えたエントリーモデルという位置づけながら、音質は変わらず追求。量感ある低音とエッジのある中高音のバランスを取り、幅広いジャンルの音楽・動画の音質再現を追求しています。さらに、高い接続安定性のある「マスター・スレーブ動的スイッチ機能」を搭載するなど、最新スペックながら高コスパモデルです。

片耳4.5gというブランド最小・最軽量クラスのコンパクト設計なので、ワイヤレスイヤホン初心者でも違和感なく使えそうです。

ハイクオリティな音楽を楽しめる最新ワイヤレスイヤホンがあれば、通勤も楽しくなりそうですね。

>> JPRiDE

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆ソニー「WF-1000XM4」のノイキャン×ハイレゾ高音質はもうスゴ過ぎでしょ
◆北欧らしいミニマルさが際立つEARIN「A-3」はコンセプトが個性的!?
◆片方をケースにしまうと片耳モードに!これって結構便利かも?

関連記事(外部サイト)