スポーツ系G-SHOCK「G-SQUAD」の新作はスクエア&コンパクト!

スポーツ系G-SHOCK「G-SQUAD」の新作はスクエア&コンパクト!

スポーツ系G-SHOCK「G-SQUAD」の新作はスクエア&コンパクト!の画像

装着するだけで、活動量を計測し、スマホで簡単に確認できる “G-SHOCK”のスポーツライン「G-SQUAD(ジースクワッド)」。ランニングなどスポーツの際に着用する人も多いのではないでしょうか。そんなG-SQUADに、初代G-SHOCKを彷彿とさせるスクエアモデル「GBD-200」(2万2000円)が7月16日に登場します!

「GBD-200」の特徴はコンパクトさにあります。これまで「G-SQUAD」のケースはいわゆる丸型モデルばかりでしたが、今回シリーズ初となる角型を採用。これにより従来モデルの「GBD-100」と比べて、ケースサイズを縦方向に8.8mm、横方向に3.4mmほど小型化に成功。厚みも2mm薄くなった上、より薄さが際立つよう、ケースやベゼルなどのパーツを横から見てもフラットになるようにリデザインされています。

また、腕へのフィット感を高めるために、通気性と柔軟性に優れた素材であるソフトウレタンをバンドを採用。バンドとケースをつなぐかん足部分に通気用の穴を設けけることで、スポーツ時に汗を逃すので快適に着用できます。バンドの穴は、5mm単位で細かく空けられているため、運動時の状況に合わせて微調整できるようにしています。

もちろん、スポーツウォッチとしての機能性にもこだわっています。本体には歩行や走行の距離やペースを計測できる加速度センサーを装備。さらにこの機能は、Bluetoothで連携したスマホのGPS機能を利用することで、測定したデータを補正し、高精度な距離計測を行ってくれます。なお、一度補正してしまえば、次回以降は、時計内の加速度センサー単体のみで高精度な測定をしてくれます。

この他にも、一定距離を走ると自動でタイムを計測したり、走行ペースを計測したりしてくれるオートラップ機能など、ランナーにぴったりな機能を搭載。スマホアプリ「G-SHOCK MOVE」と連携させれば、歩数やカロリー消費量などのライフログを取ったり、過去のアクティビティ履歴を確認できたりと便利です。

カラーバリエーションはブラック、ネイビー、ライムイエローの3種類。もちろんG-SHOCKの基本性能である耐衝撃構造+20気圧防水の機能も兼ね備えています。

G-SHOCK初代モデルを彷彿とさせるスポーツウォッチで、夏を楽しんでください。

>> カシオ「G-SQUAD」

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆日常からトレーニングまで24時間G-SQUAD【GP FRONT LINE】
◆注目はミリタリーデザインだけじゃない!「G-SQUAD」は活動量計にもなる!
◆ついにG-SHOCKから心拍計搭載モデルが出るぞ! 

関連記事(外部サイト)