カップ部は銅、ハンドルはチタン!なんだかすごいシェラカップだぞ!

カップ部は銅、ハンドルはチタン!なんだかすごいシェラカップだぞ!

カップ部は銅、ハンドルはチタン!なんだかすごいシェラカップだぞ!の画像

キャンプや登山の際に持っていきたいギアの筆頭ともいえるシェラカップ。コップ替わりだけでなく、湯を沸かしたり調理に使ったりと、シンプルながらも抜群の汎用性を備えています。

創業62年目を迎えた大阪府堺市の老舗銅製品メーカー・トーヨーメタルが展開しているブランド「Cuivre」から発売中の「Copper Sierra Cup -classic-」(6380円〜)は、熱伝導率が高い銅素材でできたシェラカップ。ただでさえ美味しく感じるキャンプ飯を、さらにハイグレードなものへと変えてしまうスペシャルなギアですよ!

フランス語の “銅” をその名の由来とした「Cuivre Sierra Cup -classic-」は、トーヨーメタルが長年に渡って突き立ってきた銅管加工技術と、高い技術を持つ大阪の職人との共演によって誕生した逸品。

銅が持つ“熱伝導率の高さ”と“錆びにくく丈夫で長持ち”という特性を活かし、キャンプでの調理時にムラなく素材に火を通し、湯沸しもスムーズに行えます。

ハンドルはチタン製で、緩やかな弧を描いたシルエットにCuivreのロゴをレーザー刻印した、こだわりのデザイン。サイズは2種類で、350サイズ(6380円)は外径13.5×高さ約4.5×ハンドル長約8cmで、重さは約170g。500サイズ(6930円)は外径15.5cm×高さ約5.0cm×ハンドル長約9cm、重さは約230gです。

また、同じく堺市のレザー工房・Sleeping Sheepとのコラボによって製作された、ハンドルレザーカバー付属の数量限定ver(350サイズ/8580円、500サイズ/9460円)も同時に発売。カバーは、素材に国産のヌメ革のみを使用し、こちらも職人の思いと心意気が込められた上質な仕上がりとなっています。

独特の風合いはもちろん、使い込むごとに増していく味わい深い経年変化を楽しめる、銅製品ならではの魅力を楽しめるシェラカップ。一生モノとして末永く使えそうですね。

>> Cuivre

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆シェラカップにフタ!? 使ってみたら人気の理由がわかったかも
◆料理好きキャンパーに朗報!キャプテンスタッグ「シェラカップ調理器」がスゴイ【アウトドア銘品図鑑】
◆食器にも鍋にもなって超便利!今こそ見つめ直したい「シェラカップ」【アウトドア銘品図鑑】

関連記事(外部サイト)