食べてみたいぞ!CoCo壱番屋コラボのキャンプ飯

食べてみたいぞ!CoCo壱番屋コラボのキャンプ飯

食べてみたいぞ!CoCo壱番屋コラボのキャンプ飯の画像

キャンプなどアウトドアで食べる食事はとても美味しく感じられます。中でも定番のキャンプ飯といえばカレーですが、本格的に作るとなると、完成までには時間や手間がかかりがち。そこで紹介したいのが、アルペンから発売のキャンプ用レトルトカレー「マイキャンプカレー」(324円)です。

同社は愛知県に本社を構えるスポーツ・アウトドア用品企業ですが、同じく同県に拠点を構えるカレーハウスCoCo壱番屋とコラボレーションしてオリジナルカレーを開発。7月1日より全国の体験型アウトドア専門店「アルペンアウトドアーズ」「アルペンマウンテンズ」15店舗と公式オンラインストアにて発売予定です。

「マイキャンプカレー」の最大の特徴は、アレンジのしやすさです。そのまま食べても美味しいのはもちろん、その場で作った別のキャンプ飯をカレーにトッピングできることを前提に作られているため、具材はすべてカレーに溶け込んでいます。

あとは、バーベキューで焼いた肉や野菜を加えて豪快に食べるもよし、チーズをたっぷり入れて煮込んだ「マイキャンプカレーチーズフォンデュ」などアレンジレシピを楽しめます。もちろん、ココイチオリジナル配合のスパイスが加えられているため、コクと深みのある味に仕上がっています。

さらに、カレーを美味しく食べるのを目的に開発された専用の「オリジナルスプーン」(1419円)も同時発売。先端にかけて薄くなっており、運んだカレーが離れやすく、スルスルと口の中に入ってきます。

スプーンの持ち手も絶妙なフォルムと重量配分により手に馴染みやすく、ご飯とルーを最適なバランスですくえるように設計されています。しかもこのスプーンは、金属加工において有名な新潟県燕市で作られた本格仕様です。

この他にも「オリジナルプレート」や「オリジナルマグ」(各1419円)、「オリジナルTシャツ」(3289円)、「オリジナルエプロン」(4389円)も同時に発売される予定です。

アウトドア用に開発されたレトルトカレーと専用スプーンを使って、キャンプ飯をもっと楽しんでみませんか?

>> 「AlpenOutdoors」×「カレーハウスCoCo壱番屋」

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆常温で5年保存可能!しかも“おいしい”って実は一番大事だよね
◆糖質10g以下!無印良品の人気商品“カレー”に低糖質タイプが仲間入り!?
◆ほぼ日が作った新作カレーはフライパンで温めると最高なんだって!?

 

関連記事(外部サイト)