ちょっとそこまでからアウトドアまで、かかとを踏んで履けるTevaの新作スリッポン

ちょっとそこまでからアウトドアまで、かかとを踏んで履けるTevaの新作スリッポン

ちょっとそこまでからアウトドアまで、かかとを踏んで履けるTevaの新作スリッポンの画像

フットウェアブランドのTevaといえば、ブランドのシンボルともいえるストラップ付きのスポーツサンダルを連想する人が多いはず。一方で、スリッポンのように簡単に着脱でき、かかとを折りたたんでクロッグサンダルのようにも着用できる「EMBER MOC(エンバーモック)」が、キャンパーを中心に人気を集めています。

この夏、「EMBER MOC」が大幅にアップデートされ、ユニセックスモデルの「RE EMBER MOC 2(リ エンバー モック 2)」(9900円)として新登場。キャンプなどのアウトドアシーンだけでなく、ちょっとしたお出かけなどに最適な“ワンマイルシューズ”として、日常使いにも活躍してくれそうです。

目下サスティナブルなアイテムの開発に注力しているTeva。今回のアップデートでも、アッパーに100%再生素材の“アウトドア対応リップストップ素材”を採用するなど、環境に配慮したこだわりが見られます。

また、裏地には肌触り抜群の100%再生ポリエステルのマイクロファイバー、アウトソールとミッドソールには“粉砕再生素材”を採用。足のにおいを緩和する“イージス抗菌加工”が施されているので、ムレやすい夏場にも安心して着用できます。

もちろん、履き心地も抜群。Teva独自の新機能である“MAX-COMFテクノロジー”を採用したインソールが、クッション性の高い形状記憶フォームのトップソールを通じて、しっかり足をサポート。また、耐久性の高いフォームの層とフットベッドカバーが、長時間履き続けても疲れにくい、柔らかな履き心地を提供してくれます。

さらに、独自の撥水加工技術“Teva RAPID”により、アッパーは小雨や水しぶき、夜露などにも濡れにくい仕様。キャンプシーンでは、ビーチサンダルだとごつごつして歩きづらい河原や岩場などに重宝しそう!

カラーラインナップは、“Birch”、“Dark Olive”、“Black”、“Sand Dune”の4色。どれもアウトドアシーンに溶け込む落ち着いたカラーで、どんなコーディネートにも似合います。

8月には、キッズサイズの「RE EMBER MOC(リ エンバー モック)」(6380円)も発売予定。カラフルなマルチカラーは、秋冬のコーディネートのアクセントとしても活躍してくれそう! ぜひ、親子でリンクコーデを楽しんでみてはいかがでしょうか?

>>Teva

<文/&GP>

【関連記事】
◆レトロなのに高機能!テバの全天候対応キルティングシューズ
◆脱ぎ履きしやすいキャンプの味方!さすがメレルのモックシューズ?
◆気持ち良さはさすがTeva!軽くて撥水性もあるから毎日履きたくなる!?

関連記事(外部サイト)