フロント&リヤカメラに高画質センサー搭載!セルスター「CS-92WQH」【2カメラドラレコ集中テスト】

フロント&リヤカメラに高画質センサー搭載!セルスター「CS-92WQH」【2カメラドラレコ集中テスト】

フロント&リヤカメラに高画質センサー搭載!セルスター「CS-92WQH」【2カメラドラレコ集中テスト】の画像

【特集】2カメラドラレコ集中テスト
道路交通法の改正で罰則が厳しくなっても、いまだにニュースで騒ぎを目にする機会の多い“あおり運転”による交通トラブル。後方の様子も記録できる2カメラ使用のドライブレコーダー(ドラレコ)の装着は必至だ。そこで最新モデルを昼夜で実際に使って、レポートをお届けするのでぜひ、購入の参考にしてもらいたい! 今回はセルスター「CS-92WQH」だ。

■フロント&リヤカメラに370万画素センサー搭載
セルスター
「CS-92WQH」(実勢価格:4万円前後)

セルスターは2021年1月に開催されたバーチャルオートサロンで3タイプのドライブレコーダーを参考出品。いずれも同社の最新技術を投入した魅力的なモデルだが、6月下旬に正式リリースされたのが「CS-92WQH(カー用品量販店向けはCD-20となる)」だ。

ドライブレコーダー市場のトレンドは記録映像の高画質化で、まさにピタリと合ったモデルに仕立てられている。本体に内蔵するフロントカメラ、別体のリヤカメラともに370万画素センサーを搭載し、現在の標準であるフルHD(解像度1920×1080)画質を大きく上回る、WQHD画質(同2560×1440)による映像記録を実現。

また、STARVIS技術を採用した「ナイトクリアVer.2」によって、夜間やトンネル内などの暗い場所でも明るく鮮明な映像を捉えられる。

さらに独自の「後方キャッチ」機能を搭載し、あおり運転対策も充実している。あおり運転車両の存在を認識するとイベント録画を行い、ドライバーに警報。安心感がグンと高まるはずだ。従来からのセルスター製ドライブレコーダーと同様に信頼性も抜群。国内自社工場生産で3年保証が付いている点もうれしい。

 
【設定】タッチパネルでスムーズに操作

 
【再生】WQHD画質で圧倒的に美しい
<昼間>WQHD画質なので“あおり”も鮮明に記録できる
▼FRONT

▼REAR

<夜間>STARVIS採用のナイトクリアVer.2で夜に強い
▼FRONT

▼REAR

>>?【特集】2カメラドラレコ集中テスト
※2021年6月16日発売「Car GoodsPress」95号47ページの記事をもとに構成しています
<レポート/浜先秀彰 撮影/澤田和久>

 

【関連記事】

◆後方の映像はスマホに保存!2カメドラレコであおり運転対策を
◆高画質・高感度・大画面、欲しい機能が全部揃った2カメドラレコ
◆あおり運転検知で自動記録&警告!ユピテル「Y-400di」【2カメラドラレコ集中テスト】?

関連記事(外部サイト)