サイズぴったり!足を3D計測できる「ZOZOMAT」でサンダルを買った話

サイズぴったり!足を3D計測できる「ZOZOMAT」でサンダルを買った話

サイズぴったり!足を3D計測できる「ZOZOMAT」でサンダルを買った話の画像

夏の休日はサンダルで出かけたい。いや、もう暑過ぎて素足にサンダルしか考えられない…と思っていたところ、知り合いのスタイリストさんから「ZOZOMAT」なるものを教えてもらいました。

名称から推察できるように、ファッション通販大手「ZOZOTOWN」が展開しているサービスの一つ。「ZOZOMAT」を使って自宅で足のサイズを計測し、その足型と相性の良いシューズをピックアップしてくれるというもの。半信半疑ながら物は試しとばかりに使ってみると、本当にジャストサイズなサンダルが買えたので紹介したいと思います!

「ZOZOMAT」は、ZOZOMATとスマホを使ってミリ単位で足を3D計測し、おすすめのサイズのシューズを提案してくれるサービス。ZOZOTOWNと、ZOZOTOWN内の靴の専門モールZOZOSHOESで販売されている膨大なシューズの中から、自分の足型にぴったりな商品(ZOZOMAT対応商品)を選べるので、ネットでも安心して購入できるというわけです。

過去にZOZOSUITを展開するなど、「ファッションはサイズ感が命」ということをわかっているZOZOTOWNならではのサービスと言えますね。

では、そんな「ZOZOMAT」の使い方を、順を追って紹介していきます!

まずはスマホでZOZOTOWNアプリをダウンロードし、会員登録を済ませます。次にアプリ画面内のZOZOMATの項目にある「注文・詳細」をタップして、「無料で申し込む」からZOZOMATを注文します。

ZOZOMATは利用料・送料ともに無料です。注文後5〜10日程度でポスト投函されるので、手渡しでの受け取りも不要。

約一週間後に届いたZOZOMATがこちら。厚手の紙製で、広げると足型のイラストや色分けされた枠線などが描かれています。

アプリ内のZOZOMAT「足を計測する」をタップ、計測する人の性別・名前・生年月日を入力してから計測を始めます。

計測は立った状態で、片足ずつ行います。ZOZOMATに足を置き、真上からアプリ画面内の円と、ZOZOMATの円を合わせるところからスタート。計測は音声ガイダンスに従って行うため、難しく考える必要はありません。

ガイダンスに従い、足を360°スキャンしていきます。「赤の方向からスキャンします」と案内があるので、スマホをZOZOMATの赤枠のほうに持っていくと「ピローン♪」と音が鳴り、計測できたことを知らせてくれます。

これを片足6方向から行います。なんだか面倒…と思うかもしれませんが、やってみると超簡単&スピーディ。2分もかからず両足の計測が完了します。

計測後、すぐに計測結果が表示されます。わずか2分、自分でパパッとスキャンするだけで詳細な足型データが完成。自分の足は27cmと思って生きてきましたが、実寸では26cmと判明するなど新しい気付きがあって面白い!

計測結果の画面にある「相性の良いシューズを見る」をタップすると、おすすめシューズが表示されます。筆者の足型に一番合うシューズは、相性度94%のナイキ タンジュンでした。革靴ではドクターマーチンのギブソンシューズで相性度93%。

興味深いのが、ナイキのスニーカーは「27.5cm」、マーチンの革靴は「27.0cm」が最も相性が良いとされた点です。シューズの種類やメーカーによるサイズ差も考慮して、おすすめを提案されるところに感心しました。やっぱり靴はジャストサイズで履きたいので、特に革靴を買うときに役立ちますね。

画面内「ZOZOMAT対象シューズをすべて見る」をタップすれば、相性度の高いシューズが一覧できます。そして「絞り込む」から、サブカテゴリーの項目で「サンダル」にチェックすると、お目当てのサンダルが一覧表示されます。ここから購入するサンダルを吟味!

色々迷いましたが、以前から気になっていたKEENのユニークを購入! 27.5cmの相性度は92%と高スコアです。

旬のスライドサンダルも捨てがたかったのですが、せっかく足型を計測したのでヒールストラップ付きに絞ってセレクト。しかもユニークはストラップ開閉がなく、甲が低いフォルムなのでサイズ選びがとても重要になります。フィッティングの結果はいかに!?

ジャストサーーイズ!! これは完全にジャストです。ぴったりもぴったり。ユニークの構造も加味されて、サンダルが足の一部になっている感覚を味わえます。

普段は27.0cmのシューズを履いていますが、今回は27.5cmが大正解。KEENのシューズは初めて買うので、サイズ選びも含めて自分の足に合うのか少し不安でしたが、ZOZOMATのおかげで失敗することなく購入できました!

かかともぴったり、フットベッドに収まります。ヒールストラップがキツイということもなく、かといってユルイということもなくジャストフィット。ストレスのない履き心地に大満足です!

ちなみにサンダル選びの際、スライド式のスポーツサンダルの相性度も見てみました。スポサンなんてサイズが多少違っても履けるし、構造的にも足型は関係ないと思っていたのですが、なんとアイテムによって相性度が大きく異なることがわかったのです!

これはサイズだけでなく、足型の計測データをもとに相性度の高いアイテムを提案している証拠。ファッションに特化したZOZOTOWNならではのコダワリというか信頼性が感じられました。

というわけで、「ZOZOMAT」を使ったサンダル購入は大成功に終わりました。何度も言いますが、ファッションはサイズ感が命。シューズであればなおさら、快適に身に着けるためにもジャストサイズを手に入れたいところです。夏本番に備えて、今から急いでお試しあれ!

>> ZOZOMAT

<取材・文/津田昌宏>

 

【関連記事】
◆保温性と通気性に優れたアークテリクスのアウトドアウエア、環境にも優しいってどういうこと?
◆高い吸水速乾性と通気性!ブラック、カーキ、オリーブから選べます?
◆L.L.Beanのアノラックとジャケットはレトロな雰囲気がイイ感じ!?

関連記事(外部サイト)