ポータブルプロジェクター「XGIMI Halo」で大画面スポーツ観戦に挑戦!

ポータブルプロジェクター「XGIMI Halo」で大画面スポーツ観戦に挑戦!

ポータブルプロジェクター「XGIMI Halo」で大画面スポーツ観戦に挑戦!の画像

遂にやってきましたスポーツ観戦の夏です!! せっかくの大スポーツイベント、自宅で競技会場を再現するべく、大画面で応援したいですよね。簡単に済ませるなら薄型テレビでいいんですが、テレビ離れが進んでいることもあるし、どうせなら臨場感重視の超大画面でスポーツ観戦に挑戦してみたくありません?

そこで、最近人気沸騰のWi-Fi内蔵ポータブルプロジェクター「XGIMI Halo(ジミー ハロー)」(9万6800円)で大画面スポーツ観戦に挑戦。

従来の方法だとBDレコーダーなどに接続することでテレビ放送を視聴できるようになるのですが、これはバッテリー内蔵のポータブルプロジェクター。だからネット接続だけでOK。ではテレビ中継されるスポーツ大会の視聴にトライしてみます!

 

■TVerアプリもnasneも使えるぞ
「XGIMI Halo」は、いわゆるWi-Fi内蔵のポータブルプロジェクター。プロジェクターって、以前はもっぱら映画愛好家がホームシアター用に使っていたのですが、数年前からWi-Fi内蔵、OS内蔵になり、YouTubeをはじめとしたネット動画対応が進んだことで立ち位置が激変。ポンと置いて自宅の壁で超大画面、これが今、アツいんです。

「XGIMI Halo」はそんなWi-Fi内蔵のポータブルプロジェクターのなかでも、フルHD表示に輝度スペックがANSI 800ルーメンという高画質モデル。プロジェクターは映像を明るくクッキリ映すために輝度スペックがとても重要で、これより高輝度の機種はバッテリー内蔵ではなくります。しかも、「XGIMI Halo」はスピーカーもHarman Kardonと内蔵スピーカーの高音質にもこだわってます!

ハイスペックゆえに本体サイズは171.5×145×113.5mm、1kgと大きめ。モバイルと言っても自宅内で移動しやすい程度ですが、Wi-Fi内蔵&最大2〜4時間のバッテリー駆動となるとケーブルレスでも使えるので、家中どこでも移動できるメリットが活きてきます。

またレンズはAF(オートフォーカス)対応。そして、スタンドを立ててちょっと上向きに設置しても台形補正は自動。ここらへんの動作はとてもスマートです。

ちなみに、HDMI入力端子はあるのでBDレコーダーやゲーム機なども接続できます。

ソフトウェアは扱いやすいAndroid TVなので、リモコン音声検索も標準搭載。YouTubeの動画検索なら一発ですね。

プロジェクタに適した設置場所は白い壁。ということで、空いている部屋に「XGIMI Halo」をセット。あまり広い部屋ではないので、約1.3メートルの距離で投射サイズは約50インチ。

操作画面はテレビで導入の進むAndroidTVなのでWi-Fi接続など初期設定を終えるだけでYouTubeは使えるし、プライムビデオのアプリなども内蔵。なお、Netflixはそのままでは使えないのでサポート情報を参照。

今回の目的であるスポーツ観戦は基本的にテレビ放送中継なのですが、そこで活躍するのがテレビ動画視聴アプリ「TVer(ティーバー)」。目前に迫った大スポーツイベントの民放中継分はTVerでライブ配信が発表されています。

GooglePlayからTVerアプリをダウンロードし簡単な設定を済ませると、すぐに再生可能。リモコンでサクサク動くし、CMが流れることさえ我慢すれば画質も問題ナシ。あっさりできるようですが、TVer非対応のプロジェクターでテレビ放送番組観るのって大変なんですよ。

ただし、NHKの番組配信アプリ「NHKプラス」はまだAndroidTVへの対応はナシ…。

解決策はないかなと操作していて気づいたのですが、「XGIMI Halo」はGooglePlayから「Torne mobile」をダウンロードできるんです。最近バッファロー版が発売になって人気沸騰中の録画サーバー「nasne(ナスネ)」の番組視聴アプリです。自宅の家庭内LANには既にnasneがあるので、さっそく「Torne mobile」をダウンロード。“視聴再生機能(500円)”を課金してみると、ライブ番組も録画番組も視聴できちゃいました! 「XGIMI Halo」とnasneのセットならNHKも民放も視聴できるし狙い目ですね。

ひと通りの検証を終えたのですが、せっかく大画面を目指したのに約48インチじゃ物足りない…。そこで「XGIMI Halo」の設置場所をリビングの一角に移動。約2mで投写すると約76インチになりました!

スポーツ観戦の雰囲気を味わおうと「XGIMI Halo」でYouTube動画を流してみると、もう最高に“映える”んです。投射した壁はグレーのコンクリ色で凹凸もあるのですが、部屋の照明を落としてしまえば関係ナシ! 目の前が陸上競技のトラック! 水泳競技のプール!! ライブな臨場感満点です。
*  *  *
「XGIMI Halo」って発売から約1年が経過したモデルで、YouTubeや動画配信のサブスク視聴用としてはいまや定番化。実は最近XGIMIから据え置き型ハイエンド新モデルと秋発売の後継モデル「XGIMI Halo+」が発表されたのですが…それじゃスポーツ観戦の夏に間に合わない! 何とも言えないタイミングですが、「XGIMI Halo」でも十分堪能できることがわかりました。せっかくなので、大きな画面で自宅から応援してみませんか。

>> XGIMI

 

<取材・文/折原一也>
折原一也|1979年生まれ。PC系出版社の編集職を経て、オーディオ・ビジュアルライター/AV評論家として専門誌、Web、雑誌などで取材・執筆。国内、海外イベント取材によるトレンド解説はもちろん、実機取材による高画質・高音質の評価も行う。2009年によりオーディオビジュアルアワード「VGP」審査員/ライフスタイル分科会副座長
 

【関連記事】

◆最近注目のプロジェクター、手軽さで選ぶ?それとも映像の美しさ重視?
◆仕事も遊びも軽量&薄型プロジェクターで大画面に!
◆上下左右、置き場所を選ばないプロジェクターでイエナカ時間が充実

関連記事(外部サイト)