カスタマイズ性も高いVWのキャンピングカーをレゴで楽しめます

カスタマイズ性も高いVWのキャンピングカーをレゴで楽しめます

カスタマイズ性も高いVWのキャンピングカーをレゴで楽しめますの画像

1960年代後半〜70年代に活躍し、日本でも“ワーゲンバス”の愛称で呼ばれるなど、現在も高い人気を獲得している「フォルクスワーゲン タイプ2バス キャンピングカー」。このレトロでオシャレな人気車が、完成時のリアルな造形が評判を呼んでいる大人向けレゴブロックで登場します。

レゴ・ジャパンより8月1日の発売開始が予定されている「レゴ フォルクスワーゲン タイプ2バス キャンピングカー」(オープン価格)は、2011年に販売された「レゴ クイリエイター エキスパート フォルクスワーゲン T1 キャンパーヴァン」の後継モデル。随所に新たな仕様を搭載した、魅力的なセット内容となっています。

今回のセットでは、これまでよりも大きく新しいペイントカラーやスライドドアを備え、さらにトレードマークであるラップアラウンドベイウィンドウ、フロントウィンドシールド(フロントガラス)、テント付きのポップアップルーフなど、「タイプ2」の特徴をしっかりと再現しています。

ボンネットの中ではステアリングが動くようになっている他、オープンキャビネットや冷蔵庫、シンク、ティーポット付きガスコンロなど、キャンピングカーらしさを演出するアイテムを搭載。

さらに、実車が多くのサーファーに愛されていたことを示す「折り畳み式の椅子」や「サーフボード」を始め、レトロなデカールを含むステッカーセット、ドイツとアメリカのナンバープレートなどのカスタマイズパーツも同梱されるなど、付属アイテムの充実ぶりは「タイプ2」ファンならずとも大満足必至の構成といえるでしょう。

ピース数は全2207個、完成時のサイズは長さ約35cm×幅約14cm×高さ約15cmと堂々たる大きさで、対象年齢が18歳以上というのも納得の大人向けレゴモデル。徐々に形となっていく組み立て作業も楽しみながら、夏の余暇を過ごしてみてはいかがでしょうか。

>> LEGO

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆スカイライン集結!美しいホワイトボディがインテリアに映えます?
◆喫茶店のテーブルにあった「おみくじ」がガチャになった!もちろん遊べるぞ!?
◆駅のホームにバスの停留所、毎日見かける情景を1/100サイズで再現!?

関連記事(外部サイト)