外気温から-15℃!暑いときでも電気の力で冷え冷えドリンク飲めますよ

外気温から-15℃!暑いときでも電気の力で冷え冷えドリンク飲めますよ

外気温から-15℃!暑いときでも電気の力で冷え冷えドリンク飲めますよの画像

最近まで雨が続いていたと思ったら、この頃は日中の暑さが急に厳しさを増してきました。こんな時はキンキンに冷えた飲み物を飲めば作業効率は上がるはず。そう思って、コンビニでアイスコーヒーを買って、自宅やオフィスで作業しながら飲んでいると、しばらく経って氷が溶けると、すぐにぬるくなってしまうことがありませんか?

そんな作業のお供に便利なのがサンコーから発売の缶専用クーラー「USB CanCooler」(4480円)です。USB給電式で、外気温から-15℃まで冷やせるという卓上コンパクトクーラーです。

「USB CanCooler」には、小型冷蔵庫でも使用されているペルチェ素子という半導体が利用されています。そのため、USBで給電できる限りは保冷効果が続くため、魔法瓶や保冷剤などよりも長時間効果が持続します。

使用方法は本体上部の電源ボタンを押すだけ。缶専用として設計されているため、本体内部の冷却プレートは缶を360度包み込んで密着する仕様となっており、効率的に冷却が可能。外気温からおよそ-15℃の温度差で冷却できます。対応できるペットボトルや缶のサイズは直径66mm以下。これは500mlまでであれば、ほぼすべての飲料を冷やせます。

また、横78×縦110×高さ83mmと手のひらに乗るようなコンパクトサイズのため、余裕のない自宅のデスクでも常備できます。いちいち冷蔵庫に冷やしに行ったりしなくて済むのです!

さらに、45dbと静音設計な点も嬉しいところ。通常のオフィス内の音は55dbほどであり、「USB CanCooler」の方が小さいため、利用時に隣の席の人に迷惑をかけることがありません。

重さも約243gと軽いため、カバンに入れてどこにでも持ち運べます。USB給電のため、モバイルバッテリーからも給電可能なため、デスクワークだけでなく、ベランダやアウトドアでも活躍。飲み物だけでなく、チョコレートなど夏場に溶けやすいお菓子を入れておくのにも便利です。

この夏は「USB CanCooler」で快適にデスクワークをこなし、仕事の後のビールもキンキンに冷やして楽しみましょう。

>> サンコー

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆今日から毎日使う!サーモス「保冷缶ホルダー」の使い勝手が良すぎる! 
◆ペットボトルも缶もコンビニコーヒーもずーっと冷たいままがイイ! 
◆保冷に保温、さらにスマホも充電できるって便利すぎない? 

関連記事(外部サイト)