山も海もこの1足でOKなTevaの水陸両用ハイクシューズ

山も海もこの1足でOKなTevaの水陸両用ハイクシューズ

山も海もこの1足でOKなTevaの水陸両用ハイクシューズの画像

スポーツサンダルの先駆者・Teva(テバ)より、1994年に発売した水陸両用の名作ハイクシューズ「SANDALHIKER(サンダルハイカー)」の復刻モデル「REVIVE ‘94 MID(リウ?ァイブ ‘94 ミッド)」(1万9800円)が登場します。

復刻モデルではリサイクル素材とTevaの新テクノロジーを採用し、履き心地やグリップ力、耐久性がアップデート。水辺も陸地も頼れるハイクシューズに仕上がっています。

1984年、グランドキャニオンのリバーガイドが水辺でビーチサンダルが脱げないように、足首を固定するためにアンクルストラップをつけたことから誕生したというTeva。そんな“水”をルーツにもつTevaらしく、新モデル「REVIVE ‘94 MID」にも水辺で快適に活動するための機能を数多く装備しています。

レトロなカラーブロックのアッパーには、撥水加工が施されているほか、通気性の高いメッシュ素材が足を涼しくキープ。また水陸両用のLWG認証レザーが濡れた状態でも優れた耐久性を発揮します。

水が抜けやすいシューズ構造もポイントのひとつ。TPU素材の排水孔付きトゥバンパーが水で足が重くなるのを防止し、さらにインソールからミッドソールへの排水孔が足をドライにキープします。

デザインのアクセントになっているウェビングは、ラダーロックでサイズ調整が可能。耐水性、乾性、耐久性に優れた米国Unifi社のREPREVE100%再生ポリエステルを使用しており、裏地には100%再生ポリエステルワッフルニットを使用しています。

アップデートしたグリップ力や快適な履き心地にも着目。新機能のMAX-COMFインソール技術がクッション性の高い形状記憶フォームのトップソールを通じて、長期的に足をサポートします。

また、耐久性の高いフォーム層とリサイクル素材のフットベッドカバーが、画期的な快適性を実現。EVA素材の成型ミッドソール、ナイロン製シャンクが起伏ある路面でも足をサポートし、スパイダーラバーのアウトソールが優れた耐久性とトラクションを発揮します。

なおカラーバリエーションはBlack/Tan、Blackの2色展開、サイズは25.0〜30.0cmが用意されています。8月2日より全国Teva取り扱い店舗および公式オンラインストアにて発売予定です。

>> Teva

<文/&GP>

 

【関連記事】
◆ちょっとそこまでからアウトドアまで、かかとを踏んで履けるTevaの新作スリッポン?
◆足がなんだか気持ちイイ!Tevaの新作サンダルは履き心地バツグンです!?
◆アッパー付きのコラボTevaでアーバンアウトドアな足元に?

関連記事(外部サイト)