リーボック「BEATNIK」新作はキャンバス生地のキルトで季節を問わず履きたくなる

リーボック「BEATNIK」新作はキャンバス生地のキルトで季節を問わず履きたくなる

リーボック「BEATNIK」新作はキャンバス生地のキルトで季節を問わず履きたくなるの画像

「リーボック」の名作アウトドアサンダル「BEATNIK」の新作「BEATNIK "QUILTED CANVAS"」(1万4300円)が、8月1日に発売です! アッパーには秋冬を先取りする「キルテッドキャンバス素材」を使い、カジュアルで軽いのに、あたたかさもキープ。ちょっと肌寒い日でも、これならサンダルで出かけられますね!

独創的なデザインが特徴の「BEATNIK」は、1993年に、アウトドア用のサンダルとして発売されました。本来はカジュアルなサンダルにもかかわらず、特徴的なデザインで大きな人気を博したモデルです。2018年にはオリジナルモデルを再現した復刻版がリリースされ、新たなファンも獲得しています。

現在のモデルでも、独創性はやはり「BEATNIK」のアイデンティティ。「BEATNIK "QUILTED CANVAS"」のアッパー部分は、つま先から履き口にかけて縦方向に縫われたセンターシームデザインになっています。サメの歯のようなシャークソールも目を引きますね。加えてベルクロ(面ファスナー)のストラップで、フィット感の調整もできます。

アッパーの素材に使われたキルテッドキャンバス素材は、90年代初頭のアイコニックなアウトドア用ウェア「キルテッドパーカージャケット」にインスパイアされたもの。本来は厳しい冬の寒さを防ぐための素材を、ロマンを残しつつ軽やかにサンダルにアレンジしています。

サイズは23.0~31.0cmを揃え、カラーは「バティックブルー」「ラディアントオークル」「ピュアグレー」の3色展開。いずれもベーシックながら、ストリートらしいロウブロウ感もある色合いです。ソックスとのコーディネートも楽しそうですね。

90年代の雰囲気をモダンにアレンジした「BEATNIK "QUILTED CANVAS"」は、リーボックらしさあふれる新作サンダルです。

>> リーボック

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆サイズぴったり!足を3D計測できる「ZOZOMAT」でサンダルを買った話
◆キーンの定番サンダルが“ニューアコ”とコラボでビビッドにアップデート!
◆足がなんだか気持ちイイ!Tevaの新作サンダルは履き心地バツグンです!

関連記事(外部サイト)