職人が手掛ける1.5mmの極厚メスティンはまさに一生モノ!

職人が手掛ける1.5mmの極厚メスティンはまさに一生モノ!

職人が手掛ける1.5mmの極厚メスティンはまさに一生モノ!の画像

ここ1年で大人気商品となったアウトドアギア、メスティン。ご飯を炊けて鍋の替わりにもなり、キャンプの際にあると重宝します。手軽なことから使用頻度が高いアイテムだけに、質が良くてしっかり丈夫なものがあると長く使い続けられます。

アウトドアブランド・FIRE BANK(ファイアバンク)の「極厚メスティン」(6499円)は、自動車関連の金属加工会社が本気を出して作った1.5mm厚のアルミ製メスティン。職人が1個1個手作りで仕上げる、一生モノになってくれそうな限定生産品です!

“極厚”の名の通り、通常のメスティンに比べて2倍以上となる1.5mmの極厚アルミ板が用いられ、金属加工会社の最先端機器を利用して難易度が非常に高い“厚板アルミ材の深絞り”で成型。職人がひとつずつ手作業で仕上げたこだわりの一品は、角や内側に仕上げ作業の跡が残るなど、大量生産品にはない無骨な味わい深さを醸し出しています。

フタの嵌め合いもしっかり行えて、逆さにしても落下しない精密さはさすが。そして、ステンレス製のハンドルに巻かれたブルーのシリコンチューブは厚さ2mmとこちらも極厚。耐熱温度は200℃と高い点にも注目です。

極厚仕様による蓄熱効果で、ご飯の炊きあがりは格別。サイズは177×98×高さ75mmで容量は750ml(1.8合炊き)と、いわゆる一般的なメスティンに近いサイズ感なので、同じ用に煮炊きや肉を焼いたり、アヒージョ鍋にしたりなど、さまざまな使い方ができます。

ランチボックスとして普段使いするもよし、シンプルな構造と堅牢性を活かしてギアボックスにするもよし。使い勝手の良さも魅力的な「極厚メスティン」。別売りで本革製のハンドルカバー(2399円)も用意されていますので、合わせてチェックしてみてはいかがでしょうか。

>> FIRE BANK「極厚メスティン MST-1A」

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆メスティン・飯ごう専用米でソロキャンをちょっと贅沢に!
◆今さら聞けない「メスティン」でのごはんの炊き方をおさらいしてみた
◆トランギア純正「メスティン」ケースが登場!調味料入れとしてもいいかも!

関連記事(外部サイト)