プーマの古き良き名作が「Future & Retro」をテーマにモダンに復活!

プーマの古き良き名作が「Future & Retro」をテーマにモダンに復活!

プーマの古き良き名作が「Future & Retro」をテーマにモダンに復活!の画像

原点回帰的なアプローチで、2020年秋冬シーズンから過去の名作を忠実に再現した復刻モデルを続々とリリースしているプーマ。そんな中、新たに登場したのが、円柱状のスタッド付きアウトソールを備えて優れたクッション性を持つ、1978年に開発された名作「イージーライダー」をベースとした「ワイルドライダー ヴィンテージ」です。

「Future & Retro」をテーマに、レトロなルックスを残しつつ、ミッドソールなどにモダンな要素を加えることで今っぽさも表現。オリジナル「イージーライダー」をイメージしたナイロン素材と毛足の長いスウェードで構成したアッパーに加えて、プーマ独自の高反発素材「RIDER FOAM(ライダーフォーム)をミッドソールに搭載。ソフトで軽量、そして快適な履き心地を実現した一足です。
 

■シンプル過ぎず派手すぎない絶妙なバランス!

ナイロンとヘアリースエードによるコンビネーションアッパーで、レトロ感を演出。

ミッドソールには、高反発素材「ライダーフォーム」を採用し、ソフトで軽量、快適な履き心地を実現。ちなみにサイドの丸いくぼみは、体重をかけた時にミッドソールが効果的に潰れて衝撃吸収性を高まる機能のためのものになります。

円柱状の突起を配したアウトソールのトレッドパターンは、イージーライダーのアウトソールから着想を得ています。さらにフューチャリスティックなルックスをイメージし、ヒール部分にはブルーの突起がデザインされています。

軽やかなナイロン製のシュータンにラベルは合成レザー。さり気なく高級感も添えています。
*  *  *
ここ最近のプーマは、「RS」シリーズのようなボリューム感&ハイテク感を全面に押し出したモデルが人気を博してきましたが、本作のような「Future & Retro」というテーマに沿ったほどよいレトロ感とほどよいハイテク感のバランスは、大人にはちょうどいい感じです! イエローをベースにしていて存在感バツグンなので、ショーツでシンプルになりがちな真夏ボトムスのアクセントにもピッタリですよ!

プーマ
「ワイルドライダー ヴィンテージ」(1万4300円)

>> プーマ

<取材・文/本間 新>

本間 新|エディター/ライター。ファッションを中心にさまざまな雑誌やWEB媒体で活動。中でもスニーカーに特化し、年間400本以上ものスニーカー関連記事を制作している。アメ車やエアガンにも強い。Instagram

 

 

【関連記事】

◆アッパー透けてる?Onの新作シューズは靴下との組み合わせも楽しめます!
◆ニューバランス「237」に早くも限定カラーが2モデル登場!モチーフは日本とアメリカ!
◆元サッカー少年達よ、あのモンブランコーチャーが帰ってきたぞ!

関連記事(外部サイト)