ソーラー&手回し充電可!防塵防水のラジオ付きライトで“いざ”に備える

ソーラー&手回し充電可!防塵防水のラジオ付きライトで“いざ”に備える

ソーラー&手回し充電可!防塵防水のラジオ付きライトで“いざ”に備えるの画像

災害への備えは、定期的な見直しが大切。プラスして、必要な機能がきちんと揃い、自分に合ったグッズ選びも重要ですよね。とはいえ、災害時だけの使用では場所を取るうえ、いざというとき見つからない! なんて場合も。ならば普段使いできるアイテムで備えてみてはいかが!?

ライソンが展開するアウトドアブランド・OUTDOOR MANが8月20日に発売する「EMERGENCY LIGHT」(5500円)は、LEDライト、ラジオ機能、パワーバンク機能の3つが1つになったオールインワンライト。幅16.5cm、奥行き5.5cm、高さ8cmという手のひらサイズのボディには、緊急時に役に立つ機能がたっぷり! アウトドアシーンはもちろん、普段づかいもできちゃいます。

使用頻度が一番高く、懐中電灯として重宝するメインライトは95ルーメンの明るさ。ルームライトのように使えるサブライトは、20ルーメンでほどよい光りです。

大容量の5000mAhバッテリーを採用し、メインライトは約60時間、サブライトは約280時間連続使用が可能。長時間バッテリーが持つという安心感は、アウトドア・レジャーでも非常時の備えでも、大事な条件の1つですよね。

スマホの充電などに役立つパワーバンク機能も搭載。充電方式が複数あり、USB充電のほか、ソーラー充電や手回し充電の3WAY対応。災害時に電気が止まっても、手動や太陽光で充電できるのはありがたい限り。

そして、緊急時の情報収集に欠かせないのがラジオ。「EMERGENCY LIGHT」のラジオ機能はワイドFMで、AM番組にも対応しています。ラジオも連続35時間と長時間使えます。キャンプの夜には焚き火を眺めながら、ラジオから流れる静かなトークや音楽を楽しむのもいいですね。

さらに、SOSアラート機能も搭載。災害時や緊急時には、大音量のサイレンで自分の居場所を知らせることもできます。防塵・防水IP45で、普段のキャンプはもちろん、大雨や台風、災害など水濡れやほこりが気になるシーンでも気兼ねなく使えます。まさに欲しい機能全部載せです。

カラーはグリーンとレッドの2色。付属のカラビナで、バッグに気軽に引っ掛けて持ち運べます。自宅や車内、非常用バッグ、どこかに常備しておけば、想像以上の安心を与えてくれる、そんな縁の下の力持ちアイテムといえるでしょう。

>>OUTDOOR MAN「EMERGENCY LIGHT」

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆OD缶を再利用!サステナブルなLEDランタンでテントサイトの雰囲気アップ!
◆電気を使ってキャンプの「できない」を解消する便利グッズ7選【いま買うべきキャンプギア】
◆LEDライトとミニ扇風機が合体!このミリタリー感がたまりません!

関連記事(外部サイト)