ハイブリッドANC搭載で1万円未満!高コスパな完全ワイヤレス登場

ハイブリッドANC搭載で1万円未満!高コスパな完全ワイヤレス登場

ハイブリッドANC搭載で1万円未満!高コスパな完全ワイヤレス登場の画像

そろそろ手持ちのイヤホンを完全ワイヤレスタイプに変えたいなぁ〜なんて思っているなら、そろそろ手に入れどきかも。スペック十分でコスパの高いモデルが続々登場中。Ankerの完全ワイレスイヤホン・Soundcore Life Pシリーズの最新作「Soundcore Life P3」(8990円〜)は、まさにそんな高コスパで満足スペックを代表するような1台かも。

ハイブリッドアクティブノイズキャンセリング(ANC)を搭載し、アプリを使えばノイキャンの強度もシーンに応じて調整可能。ケースのワイヤレス充電も搭載するなど多機能モデルながら、価格は1万円未満を実現した、高コスパ高品質のAnkerらしいイヤホンになっています。

人気を博した前モデル「P2」のアップデート版であるこの「P3」では新たに、Anker独自のウルトラノイズキャンセリング機能を搭載。これは、イヤホンの内側と外側、ふたつのマイクを使ったハイブリッド式のアクティブノイズキャンセリング機能。内側のマイクでは耳の中で発生するノイズまで除去することで、クリアなサウンドを集中して楽しめます。

また、Soundcoreアプリを使うことでノイキャンの強度も調整可能。屋外、屋内、交通機関モードの各シーンを選択することで、周囲の音もほどよく聴こえる最適な強度のノイキャンに設定してくれます。アプリではイコライザー機能も搭載し、好みの音楽ジャンルに応じてこだわりのサウンド再生に。ゲーミングモードではゲームプレイ時に臨場感のあるサウンドに。

さらに、アプリを使った“イヤホンを探す”機能も搭載。小さな完全ワイレスイヤホンは、置き忘れたりした際に探すのがひと苦労ですが、イヤホンがBluetoothの接続圏内にあれば、イヤホンから音を出すことができ、見つけやすくなります。なお、内蔵のマイクにはノイズリダクション機能が搭載されているので、電話・Web会議などの利用でもクリアな音声に。

イヤホン単体では最大7時間、充電ケースの容量を合わせれば最大で35時間分もの長時間再生が可能。しかも、USB-Cケーブルによる充電だけでなく、ワイヤレス充電にも対応と、便利な機能が満載。

価格とカラーは、ブラックが8990円、オフホワイト、ネイビー、ライトブルー、コーラルレッドが9990円。「P2」に続きこちらも人気モデルとなりそうです。

>>Anker「Soundcore Life P3」

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆AnkerのWebカメラでリモート会議の画質を手軽にくっきり!
◆iPhone 12にピタッとくっつく!Anker初のマグネット式ワイヤレス充電対応モバイルバッテリー
◆ACは最大500W出力!小型冷蔵庫も動かせるAnkerの新型ポータブル電源

 

 

関連記事(外部サイト)