Googleの完全ワイヤレスは周囲の騒音に合わせて音量を自動調整してくれるぞ!

Googleの完全ワイヤレスは周囲の騒音に合わせて音量を自動調整してくれるぞ!

Googleの完全ワイヤレスは周囲の騒音に合わせて音量を自動調整してくれるぞ!の画像

スマホと連携しやすい完全ワイヤレスイヤホンといえばAppleの「AirPods」で、iPhoneと瞬時に連携できるため、iPhoneユーザーの多い日本ではメジャーな存在です。

一方、Androidとの連携がスムーズな完全ワイヤレスイヤホンの代表格といえば「Google Pixel Buds」。こちらも充電ケースからイヤホンを取り出すだけでスマホと連携できる人気のアイテムです。

今回、その「Google Pixel Buds」の多くの機能を引き継ぎながらも価格をおよそ半額に抑えたハイコスパモデル「Google Pixel Buds A-Series」(1万1900円)が新たに登場。カラーはDark OliveとClealy Whiteの2色展開となっています。

リーズナブルな「Google Pixel Buds A-Series」と、上位版「Google Pixel Buds」の主な違いは、充電ケースが防滴仕様ではなくワイヤレス充電非対応なこと、ウインドノイズ低減機能がないこと、イヤホン本体のスワイプ操作で音量調節できないこと、アテンションアラート機能がないこと、カラーリングにブラックがないことの5つ。

しかし、大きな違いは充電ケースの仕様くらい。ちなみに“アテンションアラート機能”は、赤ちゃんの泣き声や緊急車両のサイレンなどを検知すると音量が小さくなるのですが、まだ試験的な機能です。

逆に上記以外は性能はほぼ同じということ。カスタム設計の12mmドライバーにより音楽や動画をパワフルな低音と透き通った高音で楽しめ、イヤホン本体搭載のビームフォーミングマイクで、自分の声も通話中の相手にはっきりと伝えられます。タップ操作での着信応答や、曲の再生に一時停止やスキップもできるので、ストレスもありません。

また、イヤホン本体はIPX4の防滴仕様。トレーニング、雨天でのランでも安心。もちろん、激しい運動でも耳から落下しにくいフォルムです。さらに、3サイズのイヤーチップと固定用アーチが付属し、しっかり耳にフィットできエクササイズに集中もできますよ。

もちろん、「OK、Google」と話しかけることで起動するハンズフリーのGoogleアシスタント機能も搭載。道案内や通知の読み上げを行ってくれます。長時間駆動は、充電ケースを使用した場合の連続音楽再生時間最大約24時間。充電ケースでの約15分の充電で、最長約3時間の音楽再生または最長約1.5時間の通話が可能です。うっかりイヤホンをなくしてもスマホの「デバイスを探す」機能を使って音を鳴らして見つけ出すこともできます。

必要十分な機能を備えながらもコストパフォーマンス抜群な最新ワイヤレスイヤホン。Android派なら重宝すること間違いなしです!

>> Google「Google Pixel Buds A-Series」

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆「Pixel 5」との違いは少しだけ。なのに2万円以上安い「Pixel 5a(5G)」
◆「アレクサ」「OK Google!」って声に出さなくても使えるスマートヘッドセット登場
◆Chromecast with Google TVで何ができる?買う価値はアリ?

関連記事(外部サイト)