OPPOの最新完全ワイヤレスはノイキャンも音質も耳に合わせて自動調整!

OPPOの最新完全ワイヤレスはノイキャンも音質も耳に合わせて自動調整!

OPPOの最新完全ワイヤレスはノイキャンも音質も耳に合わせて自動調整!の画像

1万円台のミドルクラスの完全ワイヤレスイヤホンにも増えてきているノイズキャンセリング機能ですが、OPPO(オッポ)の新作「OPPO Enco Free2」(1万3980円)は、ユーザーそれぞれの耳の形に合わせて最適なノイズキャンセリング効果を発揮するというシロモノ。

業界トップクラスの騒音カットを誇るパーソナライズ対応ANC(アクティブノイズキャンセリング)は、屋内外問わず、いかなる場面でも音楽や映画に没頭できる快適な環境を作り出します。

最新の3コアチップを搭載した「OPPO Enco Free2」のノイズキャンセリング機能は、ユーザーの耳の構造やイヤーピースの装着具合を検知して、それに合わせてノイズキャンセリング効果を自動調整しているのが、他のノイキャンとは違うところ。現行モデルではトップレベルの最大42dBの騒音を除去してくれます。

また、音質にもおいてもユーザーそれぞれにあったパーソナルな機能を搭載。OPPOのイヤホン専用アプリ「HeyMelody」を使って簡単な聴力テストを行う(OPPOのスマホはBluetooth設定画面からできる)と、ユーザーの聴こえ方に合わせて音質をベストな調整に。イコライザーを細かく調整する必要がなく、自分にピッタリな音質で好きな曲を楽しめます。

パーソナル化された音質は、低周波数帯、中周波数帯、高周波数帯などのグラフをスマホに表示してくれるため、左耳と右耳で聴こえ方の違いを確認することも可能です。

なお音づくりにおいては、デンマークのスピーカーブランド・ DYNAUDIO(ディナウディオ)社と共同で行い、表現力の高いサウンドはコアなオーディオファンも満足できる仕上がりとなっています。

ノイキャン、音質に続き、ユーザーそれぞれアジャストした機能といえば、イヤホンに触れて音楽再生や音量調整などを操作するタッチコントロール。これを、自分好みにカスタマイズも可能です。自分で決めた設定なら忘れることもありませんよね。

その他にも、周囲の音を聞き逃さないトランスペアレントモード、3マイクがクリアな声を届けてくれる通話ノイズキャンセリング、片耳4.4gの軽量設計、左右同時伝送による安定接続、最大80msの低遅延モード、IP54の防水・防塵機能など、スペックや機能が充実。連続再生時間は、イヤホン単体で最長6.5時間(ノイキャン使用時は最長4時間)、充電ケース併用で最長30時間となっています。

カラーはホワイトとブラックの2種類。ノイキャンも音質もタッチ操作も、自分の好みに合わせてくれる完全ワイヤレスイヤホン。一度慣れると手放せなくなりそうですね。

>> OPPO「OPPO Enco Free2」

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆音質、通話、ANC、使用時間、フィット感etc すべての機能が高レベル!
◆Googleの完全ワイヤレスは周囲の騒音に合わせて音量を自動調整してくれるぞ!
◆軽い装着感なのに迫力の音質を実現した高コスパ完全ワイヤレス

関連記事(外部サイト)