赤、青、黄のパターンが目を引く、懐かしくも新しいリーボック新作

赤、青、黄のパターンが目を引く、懐かしくも新しいリーボック新作

赤、青、黄のパターンが目を引く、懐かしくも新しいリーボック新作の画像

リーボックの2021年の秋冬シーズンは、1970〜80年代の“レトロランニング”をコンセプトにしたさまざまなモデルを展開予定。

「CL LEGACY AZ(クラシックレザー レガシー AZ)」(1万439円)もそのひとつ。1983年に発売されたランニングモデル「AZTEC II(アズテック 2)」をアップデートした、秋の足もとを鮮やかに彩ってくれる一足です。

ベースとなっているのは、2021年の春夏シーズンに発売されたシューズ「CL LEGACY(クラシックレザー レガシー)」。

リーボックのアイコニックなレトロランシルエットのモデルである「AZTEC II(アズテック 2)」と「CL LTHR(クラシック レザー)」を組み合わせ現代風にアップデートした一足で、一部アッパーの30%以上にリサイクル素材を使用したサスティナブルなアイテムでもあることから、大きな話題を集めました。

「CL LEGACY AZ」は、環境に配慮したコンセプトや基本的なシルエットは「CL LEGACY」を踏襲しつつも、80年代に多くのランナーを魅了した「AZTEC II」のデザインを組み合わせた一足になります。

大きな違いは、アウトソールからミッドソールにかけて斜めになったヒールキックと、ボディのサイドに施された“TPU(熱可塑性ポリウレタン)”製のヒールカップなど。

さらに、つま先部分の形状や素材は「AZTEC II」のディテールデザインを引き継いでおり、スタイリッシュでありながらどこか懐かしさを感じられるレトロな仕上がりとなっています。

カラーリングには、「AZTEC II」の象徴的なブルー・イエロー・レッドの3色を採用。ランニングウェアにはもちろん、普段のコーディネートのアクセントとしても活躍してくれること間違いなしです。

>> リーボック「CL LEGACY AZ」

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆リーボック「BEATNIK」新作はキャンバス生地のキルトで季節を問わず履きたくなる
◆クラシックリーボックの2大モデルが絶妙なバランスで融合したぞ!
◆リーボックの「エイリアン」が「ゴーストバスターズ」になった!?

 

関連記事(外部サイト)