戦闘機の時計をベースにしたジンのパイロットウォッチ「717」がテイクオフ!

戦闘機の時計をベースにしたジンのパイロットウォッチ「717」がテイクオフ!

戦闘機の時計をベースにしたジンのパイロットウォッチ「717」がテイクオフ!の画像

1961年、ドイツ軍のパイロットであったヘルムート・ジンが創立したブランド、Sinn(ジン)。航空機器に近い造りの高機能な時計は、60年にわたり世界中で愛され続けています。

今回新作として発表されたのは、1970年代後半に設計されたコックピットクロック「Nabo 17 ZM」にインスパイアされたパイロットウォッチ「717」(88万円)。コックピットクロックのスタイルはそのままに、オレンジ色の大きな針で表示するセンター配置の60分積算計が備えられており、伝統を踏襲しながらも使いやすいウォッチとなっています。

「Nabo 17 ZM」が設計されたのは、1970年代後半に行われたドイツ空軍のトルネード計画のため。センター配置のミニッツカウンターを備えており、「F-104 スターファイター」や長距離海上パトロール機の「ブレゲ−・アトランティック」をはじめとする軍用ヘリコプターにも使用され、現在でも軍の多機能戦闘機トルネードで採用されているクロックです。

ケース下部に備えられたスタートボタンとリセットボタン、そしてオレンジ色のセンター配置のストップウォッチ表示が見やすいことが、「Nabo 17 ZM」の大きな特長でした。

「717」ではジンのクロノグラフムーブメント“SZ01”を使用し、「Nabo 17 ZM」のスタイルを踏襲しつつ、 60分積算計も備えています。

また、耐傷性の高いブラック・ハード・コーティング仕上げのケースには、外側からスムーズに操作できる“インナー・パイロットベゼル”を搭載。

文字盤には両面無反射コーティングを施したサファイアクリスタルを採用し、「Nabo 17 ZM」と同様の優れた視認性を発揮。暗闇や悪条件下でも時刻を確認することができます。

直径45mmのバランスの取れたフォルムは、まさにコックピットクロックそのもの。ミリタリーファンならぜひチェックしておきたいウォッチです。

>> Sinn「717」

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆クルーズ客船「飛鳥U」を表現する白い琺瑯ダイヤルが美しいコラボウオッチ
◆新素材“リサイクルステンレス”のスイス製パイロットウォッチ
◆スイス山岳救助隊“エアーツェルマット”を支えるハミルトンのパイロットウオッチ

関連記事(外部サイト)