低価格でもキレイな映像が楽しめるおすすめビジュアル家電6選【価格破壊なヒットモノ実力診断】

低価格でもキレイな映像が楽しめるおすすめビジュアル家電6選【価格破壊なヒットモノ実力診断】

低価格でもキレイな映像が楽しめるおすすめビジュアル家電6選【価格破壊なヒットモノ実力診断】の画像

【価格破壊なヒットモノ実力診断】
テレビをはじめとする映像関連の機器は、価格と画質が比例するもの。しかし、格安モデルの中にも及第点と言える性能を備えたものは見つかる。注目は知名度が低いメーカーの4K液晶テレビと、小型のプロジェクターだ。
*  *  *
テレビメーカー各社が高質や迫力あるサウンドを追求した4K有機ELテレビに力を入れる一方で、手頃な価格帯の4K液晶テレビも増加。今までテレビを扱ってなかったメーカーの参入もあり、格安モデルが続々と登場している。

そんな中で注目したいのが、日本ではまだ知名度が低い海外メーカーの製品だ。オーディオ・ビジュアルライターの折原さんも、その実力を評価する。

「例えば、中国発のTCLはテレビ開発の歴史が長く、世界シェア3位という実績もあります。実際に日本発売モデルを視聴すると、安定した画質で機能も充実しています。また、ハイセンスのテレビには東芝の技術が投入されていて、確かなクオリティがあります」

他にもテレビ市場では聞き慣れないブランドが増えているが、モデル選びで注意したいのが、色味とネット対応の問題。

「4KやHDR対応などスペック面では高価なテレビと同じようでも、色味が悪く、人の肌がオレンジ色に見えたり、白飛びが酷かったりすることがあります。また、VODサービスへの対応もモデルごとに差があるので確認しておきたいですね」

プロジェクターも価格や性能だけでなく、対応コンテンツもしっかりチェックすべきだろう。

■4K液晶テレビ選択のポイント

・知名度が低いメーカー にも掘り出し物あり
・画質は特に色味や白飛びをチェック
・VODへの対応や接続端子にも注目

オーディオ・ビジュアルライター 折原一也さん
PC系出版社の編集職を経て、独立。オーディオ・ビジュアル専門誌やWeb媒体、商品情報誌などで、トレンド解説や製品レビューなど多彩な記事を執筆している。2009 年よりVGP(ビジュアルグランプリ)審査員も務める。

1. 国際的なメーカーが手がけるハイコスパAndroid TV
TCL
「43P725B」(実勢価格:6万5000円前後)
低価格でもAndroid TVを採用し、ネット機能が充実。音声アシスタントも使えるなど、機能性が優れています(折原さん)
 

直下型LEDバックライトにより 明るく鮮明な映像を楽しめる4K液晶テレビ。OSにAndroid TVを採用し、多彩なアプリやYouTube、Netflixなどの映像サービスも利用できる。Googleアシスタントにも対応。43V型。

 
2. 高画質技術を随所に投入した実力派スタンダードモデル
ハイセンス
「50U75F」(実勢価格:7万円前後)
東芝の技術をベースにしているので画質は間違いなし。日本向けの設計で、実質ブランドのみが海外というテレビです(折原さん)

ノイズを抑えて質感を繊細に再現する高性能エンジンを備えた4K液晶テレビ。BS/CS 4Kチューナー内蔵で新4K衛星放送受信も可能。各種VODサービスに対応した独自UIを採用し、多彩なコンテンツを快適に楽しめる。50V型。

 

3. 必須機能に絞り込んで驚きの低価格を実現
MAXZEN
「JU43TS01」(実勢価格:4万3000円前後)
4Kチューナーやネット関連の機能は備えていませんが、画質は及第点。他の機器と組み合わせたいモデルです(折原さん)

国内設計の映像エンジンや高コントラストパネル 、直下型LEDバックライトなどを採用し、コストパフォーマンスを追求した4K液晶モデル。HLG、HDR10に対応。外付けHDDによる番組録画機能も備える。43V型。

 
4. すっきりしたデザインも魅力のシンプル4Kテレビ
モダンデコ
「SUNRIZE 4K フレームレステレビ 55V型」(5万4800円)
インテリアや雑貨を扱うブランドのオリジナル製品で、低価格で機能はシンプルですが、画質は悪くありません(折原さん)

スリムなフレームのすっきりしたデザインが目を引く4K液晶モデル。直下型LEDバックライトを採用し、画面全体を明るく鮮明に映し出す 。視野角と色再現性に優れたADSパネルも採用。外付けHDDによる番組録画機能も搭載する。

 

■プロジェクター 選択のポイント
・単体で使いやすいWi-Fi内蔵モデルがベスト
・対応するVODサービスもチェック
5. バランスの取れた性能を備える超コンパクトプロジェクター
Anker
「Nebula Astro」(実勢価格:3万円前後)
3万円以下のWi-FIプロジェクターの中でお勧めのモデル。NetFlixなどのVODサービスに単体で対応しています(折原さん)

Android 7.1を搭載した小型DLPプロジェクター。りんご1個分というサイズで最大100インチの投影を実現。解像度は854×480画素。HDMIやUSBでの有線接続に加え、BluetoothやAirPlayなどワイヤレス接続にも対応。スピーカーとバッテリーを内蔵する。

6. スマートなボディに多彩な機能を搭載
BenQ
「BenQ GV1」(実勢価格:4万円前後)
ホームシアター向けプロジェクターなどを手がけるメーカーの製品。低価格で使いやすいモデルと言えます(折原さん)

最大100インチに投影できるスマートなプロジェクター。Wi-FiとBluetooth、スピーカーを内蔵し、多彩なコンテンツに対応する。解像度は480P。15°の傾斜ヒンジと自動台形補正機能を備え、場所を選ばず使いやすい。

>>?【特集】価格破壊なヒットモノ実力診断
※2021年9月6日発売「GoodsPress」10月号78-79ページの記事をもとに構成しています
<取材・文/高橋智>

 

<関連記事>

◆43型4K液晶テレビを自由に動かせる!これって新しい時代のテレビの在り方かも
◆60型や65型のフルスペック4K液晶テレビが10万円しないなんて高コスパ!
◆リビングにもマッチするオシャレな小型プロジェクターで大画面を楽しもう!

関連記事(外部サイト)