散歩のお供にぴったりな小型ショルダーバッグ5選

散歩のお供にぴったりな小型ショルダーバッグ5選

散歩のお供にぴったりな小型ショルダーバッグ5選の画像

朝晩涼しくなり過ごしやすくなりました。いよいよ秋到来ですね。長期間の外出自粛が続いたことで、運動不足という人も多いのでは。暑さもなくなったので、できれば毎日何かしら運動したいところですよね。

でもいきなりジョギングはしんどいというのであれば、まずは散歩から始めてみませんか。通勤している人なら帰宅時に1〜2駅手前で降りてみる。朝型生活の人ならいつもより1時間早く起きてみる。帰宅時間が決まっている人なら夕食後に1時間。せっかく涼しくなってきたわけだから、のんびり散歩から体を動かすことを始めてみるなんていかがでしょうか。

スマホのアプリで歩数をはかって記録していく。毎日続ければ、体を動かすことに慣れていくはず。週末には平日の倍歩いてみるなんていいですよね。慣れてきてもっと負荷をかけたくなれば、ウォーキングやジョギングにしてもいいかもしれません。

そこで、まずは運動習慣のために散歩からという人にオススメしたい小さなショルダーバッグを5つご紹介します。運動不足だと自覚のある人は、新調した小さなバッグにスマホと財布だけ入れて、毎日歩くことから始めてみませんか。

 

1. コーヒー豆みたいなコラボバッグ

ひと味違うコーヒーが楽しめる猿田彦珈琲は、コーヒーだけでなくコーヒー関連のさまざまな商品を販売していますが、中にはオリジナルグッズも。「コーヒー豆型ショルダーバッグ(ブルボン)」は、色も見た目もコーヒー豆のような小型ショルダーバッグです。PORTERとのコラボバッグなので品質は折り紙付き。サイズも身の回りのモノを入れるのにちょうどいい感じ。特別仕様の「お豆ムートンバッジ」も付属していますよ。

>> PORTER×猿田彦珈琲コラボバッグのコーヒー感になんだかほっこり!

 
2. マチ幅が収納力をぐんとアップ

メッセンジャーバッグで有名なマンハッタンポーテージのフォーマル系ライン「ブラックレーベル」とファッションブランド「marka」のコラボバッグにもちょうどいいモデルがあります。それが「WOOSTER SHOULDER BAG TWILL MARKA」。横長型でコンパクトながら、マチ幅がそこそこあるのが特徴。少々厚さのあるデジカメも入れられちゃうサイズ感です。素材には撥水性や耐久性に優れたコーデュラツイルナイロンが使われているのもうれしいポイントです。

>> マンハッタンポーテージブラックレーベルのコラボカメラバッグはシンプルだけど中は機能的!

 
3. 縦型で絶妙サイズが散歩にイイ

先日なんと第6弾が登場したニューバランスとブリーフィングのコラボシリーズ。タグに両ブランドのロゴが入っていることや、カラーにニューバランスらしいグレーが用意されている点も見逃せないポイントです。このコラボにも散歩にぴったりなバッグがあります。それが「NB×BR AT JET」。縦長のミニショルダーで、小さなペットボトルなら入るぐらいの容量が絶妙。前に持っても後ろで持ってもしっくりくるデザインです。

>> New Balance × BRIEFING コラボ第6弾は街でもフィールドでも使えるタフ仕様!

 
4. ワンショルダーの縦型ボディバッグ

日本を代表するカバン生産地・兵庫県豊岡のブランド、クリーザンは、スタンダードながらも素材とつくりにこだわったバッグを数多く手掛けています。そんなクリーザンの新シリーズ「DAY TRIPPER PLUS」には縦型ボディバッグもラインナップしています。肩掛けではありますが、たすき掛けにすると通常のショルダーバッグより体にフィットするので、歩いている時に動きづらいという利点がありますよ。

>> 高い質感と陰影に思わずうっとりする牛革レザーバッグ「DAY TRIPPER PLUS」

 
5. ミルスペックなミニショルダー

スーツケースからビジネスバッグまであらゆるタイプをそろえるバッグメーカー、エースが新たに手掛けるのがミルスペック準拠のコーデュラバリスティックを使用したシリーズ「ミルフューズ」。リュックやトートなどオンオフどちらでも使えるバッグをラインナップしていますが、最も小型の「ショルダーバッグ タテ型」はまさに散歩バッグにピッタリ。コロンとしたシルエットが特徴的なショルダーバッグです。

>> ミルスペックで使い勝手も◎!だから仕事にも遊びにもガシガシ使えるぞ!

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆人気アウトドアブランドの最新アウター5選
◆大人らしい上質さを備えるレザーブランドのコンパクト財布5選
◆地味だけどスゴイ!機能美あふれるプロ道具5選

関連記事(外部サイト)