大きなゴミも余裕!ノズルがガバッと開くハンディクリーナーって新しいかも

大きなゴミも余裕!ノズルがガバッと開くハンディクリーナーって新しいかも

大きなゴミも余裕!ノズルがガバッと開くハンディクリーナーって新しいかもの画像

部屋はもちろん、クルマの中や机の上などのゴミやホコリが気になったらすぐに使えるハンディクリーナーって便利ですよね。でも、大きめのゴミは吸い込みづらい、アタッチメントの交換が面倒…など、小さな不満を感じていた人も少なくないハズ。

そんなハンディクリーナーの弱点を、サイズはそのままに改良した便利な1台が登場しました。ブラック・アンド・デッカーの「10.8Vハンディクリーナー(HLVC320B)」(1万3200円)は、軽さとパワフルさに加え、アタッチメントを交換せずに吸引口の幅を広げられる独自ノズル機構を搭載。ストレスフリーの吸引力が魅力の最新ハンディクリーナーなんです。

「10.8Vハンディクリーナー」は、W80×D80×H440oというスリムかつコンパクトな形状ながら、高い吸引力でフロアだけでなくソファーの隙間やパソコン回り、クルマの中までくまなく掃除できる頼れる1台です。

手早く吸引口の幅を2倍(10p)に拡張できる独自の開閉式ノズル機構により、アタッチメントを交換することなく広範囲のゴミをグングン吸い込めるので、うっかりこぼしてしまったシリアルや愛犬・愛猫のペットフードなどの大きい固形物もしっかり吸引できます

ダストケースは、ツイスト動作でカンタンに本体と分離可能で、ごみ捨てやメンテナンスもカンタン。約6時間のフル充電で、連続運転時間は約13分。ノズルを広げて床掃除、縮めて細かいスペースにと使い分けもできるので、ひとり暮らしの部屋ならメイン掃除機としても、十分活躍できるほどの充実した機能です。

動作は、オン・オフのボタンのみ。シンプルな操作で誰でも使いやすいのもいいですね。ブラシ、先端ノズル、アタッチメントが付属されている本体の重量は、わずか700g。中型ペットボトルと同等の軽量設計なので、片手でスイスイ作業もはかどります。

部屋のインテリアを邪魔しないシンプルなデザインも「10.8Vハンディクリーナー」の魅力のポイント。掃除は手早くササっとすませたい、小さな子どもがいる家庭やペットと暮らす一人暮らしの人など、あらゆるニーズに対応できる高性能なハンディクリーナーです。

 

>> ブラック・アンド・デッカー

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆シュッとしてるけどしっかり吸引!Sharkのクリーナーでもっと掃除したくなる!
◆スタンドに戻せば回転ブラシを自動でクリーニング!
◆パワフルさと軽さを両立したスティッククリーナーで掃除をサクサク終わらせよう

関連記事(外部サイト)