ブロンズ仕様のオリス新作パイロットウォッチは溝付きベゼルがカッコいい!

ブロンズ仕様のオリス新作パイロットウォッチは溝付きベゼルがカッコいい!

ブロンズ仕様のオリス新作パイロットウォッチは溝付きベゼルがカッコいい!の画像

10月下旬の発売が予定されているORIS(オリス)の「Big Crown ProPilot Big Date Bronze(ビッグクラウン プロパイロット ビッグデイト ブロンズ)」(25万7400円)は、「ビッグクラウン プロパイロット」シリーズでは初めてとなるブロンズモデル。長期に渡って愛用できる機械式腕時計に加え、使うほどに増していくブロンズの風合いは、“こだわりの一本”を求める人にとって理想のタイムピースとなりそうです。

ゴールドのインデックスとホワイトの時刻表示&時分秒針(ともにスーパールミノバを塗布)が漆黒の文字盤に鮮やかに映えるカラーリングは、パイロットウォッチに求められる高い視認性を実現。

ジェットエンジンのタービンブレードを模した溝付きのベゼルに3時位置のビッグデイト表示、パイロットがグローブを装着したままでも操作ができる大型のリューズなど、シンプルながらも味わい深いデザインを備えています。

ムーブメントは自社製の機械式(自動巻き)であるCal. Oris751を搭載。38時間パワーリザーブを備え、シースルーのケースバックからは正確な時を刻む緻密な機構をいつでも楽しむことができます。

時計ケースはブロンズ製(ケースバックはステンレススチール)で、サイズは41mm径×厚さ12.4mm×ラグ幅20mm、10気圧防水を搭載。風防は内面無反射加工を施した両面ドーム型のサファイヤガラスで、ウォッチフェイスのデザインとともに視認性の向上と確保に大きく貢献しています。

ブロンズケースの色味と風合いを際立たせるグリーンのペンタイル製ストラップは、カーフレザーを裏張りすることで快適な装着感と合わせて高級感も演出。飛行機のシートベルトバックルにインスパイアされたブロンズ製リフト式クラスプが、パイロットウォッチらしさを醸し出しています。

ビジネスやフォーマルはもちろん、プライベートでも装着しているうちに、いつしか愛着の域を越えて“自分の分身”といえる存在にまで昇格しそうな「ビッグクラウン プロパイロット ビッグデイト ブロンズ」。機械式腕時計の魅力を十分すぎるほど携えた至高の一本を、新たなコレクションに加えてみてはいかがでしょうか。

>> Oris「ビッグクラウン プロパイロット ビッグデイト ブロンズ」

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆野生の王国、“オカバンゴ・デルタ”をイメージしたORISの環境保護支援モデル
◆オリスのスイス航空レスキュー隊「レガ」コラボは、らしい機能が満載!
◆戦闘機の時計をベースにしたジンのパイロットウォッチ「717」がテイクオフ!

関連記事(外部サイト)