寒〜い冬は電気カイロを巻いてお腹と腰をぽかぽかに

寒〜い冬は電気カイロを巻いてお腹と腰をぽかぽかに

寒〜い冬は電気カイロを巻いてお腹と腰をぽかぽかにの画像

秋も深まり、寒さ対策に本腰を入れる時期が目前に迫っています。暖を取るためのアイテムは色々ありますが、中でも特に手放せないのがカイロ。上着やズボンのポケットに入れるだけでなく、腰に貼って使っているという方も多いのではないでしょうか。

サンコーより発売中の「腰もお腹も暖かい何度も使えるカイロバンド」(4980円)は、電気カイロを3つ備えた粘着パッド付きのバンド。体に巻き付けたり、シャツや上着に貼り付けたりと、2wayスタイルで電気カイロからの暖かさを得ることができるアイデアグッズです。

バンド本体のサイズは全長1000mm×高さ176mm(カイロ部分)×厚み8mmで、重さは111g。表面はポリエステル、裏面はオックスフォードで中綿(ナイロン+PP)入り。3カ所に電気カイロ(取り外し不可)を備えています。

体に巻く場合は面ファスナーで固定し、対応サイズは約82〜96cm。直で測った際のウエスト周りが90cmを越えている方は、シャツや上着の上から巻くと面ファスナーが重ならないケースがあるので注意が必要です。

「自分のウエストでは巻けないから無理か…」とあきらめてしまうのは早計。付属の取り付けパッド(粘着シート)で、ジャンバーやスーツなどの服の内側や着ているシャツなどに直接バンド本体を貼り付けることができるので、ボディサイズを気にすることなくカイロの暖かさを得られます。取り付けパッドは全部で6枚あり、粘着面を水洗いすることで粘着力が復活。繰り返し使えます。

電気カイロはモバイルバッテリー(別売り)からの給電で発熱するヒータータイプ。電源のON/OFFができる他、3段階(高:45±5℃/中:40±5℃/低:35±5℃)の温度調整が可能なので、電車の中や屋内など暖かい環境下では電源OFFに、寒い屋外に出たら電源ON&温度を上げるといった使い方ができます。

連続稼働時間は10000mAhのモバイルバッテリー使用時で、温度高は連続約3時間、中で約4時間、低なら約5時間と、長時間に渡って発熱します。

巻き付けと貼り付けの2wayで使える上、薄マチ仕様でシルエットはすっきり。電源管理と温度調節もOKと、使い勝手はとにかく抜群。冬の通勤・通学時やお出掛け時、アウトドアやスポーツ観戦の際にも大いに役立つ「腰もお腹も暖かい何度も使えるカイロバンド」で、暖かい冬シーズンを過ごしてみてはいかが?

>> サンコー「腰もお腹も暖かい何度も使えるカイロバンド」

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆サムソナイトの新作ビジネスバッグは上品顔なのにめっちゃタフ仕様!
◆洗練された機能美!アブガルシア&イズネスとトリプルコラボした防寒アウター
◆断熱素材がエアロゲルって、宇宙服で防寒みたいなものかも!

関連記事(外部サイト)